占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:112 hit、合計:62,076 hit

・・10・・ ページ10



眼鏡を掛けているのに花がぼやけて見える。
相葉は怖くなり大野のところへ向かった。
ここでは何も出来ないが涙なんか出ていないのに、霞むなんておかしい。
ゴミでも入ったのではないかとやって来た。


「おーちゃん・・・」
「俺も一緒に行くから病院に行こう」
「待って待って、涙なんか出てないよ?」
「でも、霞むんだろ?」
「うん、そうだけど・・・」
「早めに対処した方がいい、見えなくなったら困るだろう?」
「判った、準備してもう一度ここへ来るね」
「おぅ、待ってる」


店を閉めて、大野の元へ急ぐ。
着いたら、すぐに大野も出てきて車を出してくれるらしい。
相葉は不安になって来た。
また、肉芽腫が出来ていたら?
車の運転が出来なくなったら?
怖くなった、両腕で身体を抱きしめるようにし助手席に座っている。


片目でも、花束やアレンジを作れるように練習してきた。
だが、運転出来ないと商売にならない。
市場への買い付けや配達が出来なかったら花屋はやっていけない。
助手席の相葉は泣いている。
大野は複雑な思いで運転しながら、これからの相葉の事を思った、


「肉芽腫が出来てますね」
「・・・・・」
「もう一度手術しても完全には取り切れません」
「あの・・どうしたら・・・」
「副腎皮質ステロイドホルモン剤を使用しましょう」
「そしたら、見えるようになるんですか!?」
「視力は落ちますが」
「はい!」
「相葉ちゃん、見えるようになるか判んねーぞ」
「おーちゃん、何もしなかったら確実に見えなくなる」
「そうだけど・・・」
「先生、お願いします」


帰る前、大野は医師と話があると相葉を車に待たせておいた。
日本にまだ数台しかないX線付きのスコープを購入出来ないか相談していた。
相葉のために必要ならば、と思ったがリースさせてもらえる事になった。
経過観察を大野に任せてくれたのだ。

・・11・・→←・・9・・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (190 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
357人がお気に入り
設定キーワード:
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

SEN(プロフ) - はっしーさん» 読んで頂きありがとうございました。お花大好きです。うちは山野草が好きなのです。こちらの彼のようにお客さんに接する事はないけど、花が好きな所だけは似てるかも。うちの話だと言って頂き嬉しく思います。ありがとうね。 (3月15日 7時) (レス) id: 81a5a7e5b5 (このIDを非表示/違反報告)
はっしー(プロフ) - SENさん、本当にお花が好きなんですね。お花を見つめる相葉さんの優しい眼差しが、お会いしたこともないけれどSENさんと重なって見えました。すみません、お会いしたこともないのに変ですよね。でも、こちらのお話はSENさんご自身のお話だと思いました。 (3月15日 2時) (レス) id: 6a89c59bf2 (このIDを非表示/違反報告)
櫻宮 - 返信ありがとうございます。そうですね。次回作も楽しみにしています。 (3月13日 1時) (レス) id: 95d5f07b44 (このIDを非表示/違反報告)
SEN(プロフ) - 櫻宮さん» 読んで頂きありがとうございました。彼の笑顔は最高です。きっと楽しくお店を続けていくと思います。 (3月12日 21時) (レス) id: 81a5a7e5b5 (このIDを非表示/違反報告)
櫻宮 - こんなに感動するお話初めてです。ありがとうございます。彼の長所は笑顔だと思います。これから彼は仲間とともにお店を続けるのかな?どこかでお会いできますように… (3月12日 18時) (レス) id: 95d5f07b44 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:SEN | 作成日時:2020年2月23日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。