占いツクール
検索窓
今日:112 hit、昨日:16 hit、合計:61,943 hit

・・33・・ ページ33



花屋は相変わらず盛況で、店を閉める頃にはもう少ししか残っていない。
仕入れの量を減らしたのと、相葉の花選びが上手いのだろう。
残った花は時々、美香のアレンジの練習に使われる。
美香も、大分上手くなった。


「相葉さん、私夢があるんです」
「へぇー、どんな?」
「ブーケをいつか作りたいんです」
「そうなんだ」
「その人に、その衣装に合ったブーケをいつか作りたいんです」
「いいね、目標があると頑張れるもんね」
「はい!」
「今はまだ難しいけど、作れるように頑張れ」


美香なら覚えが早いから、練習すればすぐ作れるようになるだろう。
目標があると人は頑張れる。
相葉も店を続けたいという目標がある。
片目で不自由するけれど、まだまだ頑張れる。
右目の視力が下がらない事を祈るのみだ。


休憩を取る事にしたのは正解だったようだ。
午前中の疲れが取れていく。
目薬も大いに役立っている。
美香がいつ辞めても困らないようにしたい。
だが、運転が出来ないのがネックだ。
大野は連れて行ってやると言う。
だが、配達はどうしよう?


「相葉ちゃん、月曜の朝に翔くんとこに行くだろう?」
「うん、早いからおーちゃんも一緒に行ってくれるね」
「木曜日はうちは休みだから、配達は木曜日限定にしたらどうだ?」
「いいの?おーちゃんの一日使っちゃうよ?」
「夜まで配達しないだろ?」
「そうだけど・・・」
「月曜日と木曜日は手伝ってやる」
「ほんとにいいの?」
「あぁ、右目は守るって言ったろ?安心して助手席で眠ってろ」
「おーちゃん・・・・ありがと!」
「任せろ」
「美香ちゃんが帰っちゃったら、また連絡するね」
「おぅ」

・・34・・→←・・32・・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (190 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
358人がお気に入り
設定キーワード:
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

SEN(プロフ) - はっしーさん» 読んで頂きありがとうございました。お花大好きです。うちは山野草が好きなのです。こちらの彼のようにお客さんに接する事はないけど、花が好きな所だけは似てるかも。うちの話だと言って頂き嬉しく思います。ありがとうね。 (3月15日 7時) (レス) id: 81a5a7e5b5 (このIDを非表示/違反報告)
はっしー(プロフ) - SENさん、本当にお花が好きなんですね。お花を見つめる相葉さんの優しい眼差しが、お会いしたこともないけれどSENさんと重なって見えました。すみません、お会いしたこともないのに変ですよね。でも、こちらのお話はSENさんご自身のお話だと思いました。 (3月15日 2時) (レス) id: 6a89c59bf2 (このIDを非表示/違反報告)
櫻宮 - 返信ありがとうございます。そうですね。次回作も楽しみにしています。 (3月13日 1時) (レス) id: 95d5f07b44 (このIDを非表示/違反報告)
SEN(プロフ) - 櫻宮さん» 読んで頂きありがとうございました。彼の笑顔は最高です。きっと楽しくお店を続けていくと思います。 (3月12日 21時) (レス) id: 81a5a7e5b5 (このIDを非表示/違反報告)
櫻宮 - こんなに感動するお話初めてです。ありがとうございます。彼の長所は笑顔だと思います。これから彼は仲間とともにお店を続けるのかな?どこかでお会いできますように… (3月12日 18時) (レス) id: 95d5f07b44 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:SEN | 作成日時:2020年2月23日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。