占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:46,483 hit

#76 ページ33

玲於「んん、……」


翌朝、腰に感じる痛みとともに目が覚めた

すんと鼻を掠める愛しい香りに寝返りを打つ



玲於「……え」



慌ててリビングに向かうとテーブルに1枚の紙を見つけた



[玲於へ]

ごめんなさい
こんな私を許してください


彼の元へ行きます。


玲於、ほんとに好きでした。愛してました。

でも今回ばかりは仕方が無いことです。

あなたはまだ学生だしこれからたくさんの経験ができるから。


今までありがとう。

楽しかったです。



鍵はポストの中に入れて置いてください。



ユリ







玲於「なんだよこれ」







【You side】


亜嵐「そっから、2人は今日まで1回も会ってなかった。

それで今日ってわけ。


ユリさんはわかんないけど、玲於は確実にユリさんのことを想いながら過ごしてたな。」





『そっか……』




この6年間で私の知らない玲於がいて

私がいたらどうなってただろう

玲於の痛みを少しは軽くできたかな

とか考えちゃって




『亜嵐、ありがとう』




亜嵐「ん、」




玲於は今どうしているだろうか

ユリさんへの気持ちが蘇って何かが進んでいるのだろうか



『そうなったら私は……』




亜嵐「なに心配してんの」




『いや、その』




亜嵐「俺がいるじゃん笑」




そういった後にいたずらっぽく笑って




亜嵐「ご飯食べる?」




『うん!』




この人のことを本当に信頼できる

そう思った

Author→←#75



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (75 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
368人がお気に入り
設定キーワード:GENERATIONS , 佐野玲於 , 白濱亜嵐
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

まゆ - めっちゃくちゃ面白いです!れおも亜嵐も好きなのでもう最高です。(^◇^)更新頑張ってください!楽しみに待ってます(゚ω゚) (12月28日 0時) (レス) id: 2ef4367958 (このIDを非表示/違反報告)
はるまき(プロフ) - kotoneさん» ありがとうございます!ネタを練り込んで早めに更新頑張ります! (12月17日 0時) (レス) id: 0e32050011 (このIDを非表示/違反報告)
kotone(プロフ) - 更新、楽しみに待ってます(*^^*) (12月16日 1時) (レス) id: 8703134089 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:はるまき | 作成日時:2016年11月22日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。