検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:2,573 hit

この夕日で ページ10

ドリーム「君が創り出したんだから」


『…』


ドリーム「ルリハちゃんが都合の良いように創った場所


でも街1つしか創れなかったんだね!」


インク「君の居場所はここなんだ!早くこっちに来てよ?」


リトル「精霊様方落ち着いてください…愛の精霊様が


困ってしまっています…」


ベリー「嫌なんだぞ!ルリハは…ルリハは僕らの女神様


なんだぞ!」


ハニー「面倒事を増やさずに早くこっちに来いよ」


キラー「そうだよ!ルリハちゃん?いや…ルリハ様?


僕らみーんなの女神よ…」


クロス「早く来てください!ルリハ様」


『…そうだね…そうだね…うん…行くね…』


リトル「…精霊様…」


『大丈夫戻ってくるから安心して…ね?』


リトル「分かりました…」


ホラー「俺らの女神が帰ってきた…今日はお祝いだな」


マーダー「そうだな!」


ドリーム「じゃあ準備しようよ!」


みんな「どこでやりたい?ルリハ様?」


『サンズのとこがいいかな…』


ドリーム「そっか!じゃあ早速やんなきゃね!


ルリハ様はここに残ってて!みんな迎えに来るからね…!」


ホラー「そうだな…今日はとっても…いい日だ…」


クロス「そうだな…」


リトル「…精霊様自室に行ってはどうでしょうか?」


『ありがとうねリトル』ニコ


*貴方はまるで貼り付けたかのような笑顔リトルに向けた


リトル「…無理はしないでくださいね…」


ガチャ


『…私が?なんで…私なの…可笑しいよ可笑しい…


振り返ってもしょうがないかな…』


リトル「…精霊様呼ばれています…」


『そっか…いま行くね』


ドリーム「みんなで迎えに来たよ!さぁ行こう?ルリハ様」


『いいけどリトルも連れてっていいかな?』


ドリーム「勿論いいよ!」


『ありがとう』ニコッ


*貴方はまた貼り付けたかのような笑顔をした…
それでも彼らは貴方に笑いかけ会場に連れてきた


みんな「今日はお祝いだからね!楽しもうね?」


*その日から二日間楽しそうな苦しそうな声が聞こえたという

END
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
精霊達は…あなたの愛に溺れてしまってるのだから…

後書き→←真実



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (22 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
9人がお気に入り
設定タグ:AU , undertale , 闇au   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

clioneちゃん(プロフ) - 終わりです (5月28日 15時) (レス) id: 5da7cf7b0e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:clioneちゃん | 作者ホームページ: ないよー  
作成日時:2022年5月26日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。