検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:2,573 hit

真実 ページ9

『どうしたの?』


サンズ「お前は元々この世界の住人なんだ…」


『え?それってどういう…』


サンズ「お前が消えてから


丁度400年が俺とお前が会った日なんだ」


『え?でも見た目とか名前が違うんじゃ…』


ドリーム「見た目も名前も性格も全て一緒なんだよ…


記憶が無いのを除いて」


『そうなんだ…でも私は帰らなきゃ…』


サンズ「まだそんなことを言うのかい?愛の精霊さんよ…」


『え?愛…?』


ドリーム「400年前は愛の女神とか言われてたしね〜」


サンズ「お前の居場所はここなんだよ…」


『え…そんなの嫌だ…お母さんが待ってるんだ!』


シュンッ


サンズ「逃げられたか…チカラも覚醒し始めてるな」


ドリーム「手荒な真似はしないでよ?」


サンズ「みんなを呼ばないとな、作戦会議だ…」


ドリーム「そうだね!なるべけ早くしないと…」


〜昼の祭壇〜

『今ドリームはいないからここに隠れてよう…』


どういうこと?私がこの世界の住民?
そんな訳…だってお母さんが私にはいるんだよ?どういうこと…


『え…何で夕日が…これじゃあナイトメアまで来ちゃう…』


*数十分後


?「こんなとこに隠れてたのかいbruh…」


『!?…エピックさん…何しに来たんですか…』


エピック「そんな警戒するなよbruh…


これは俺が楽しくてやってるんだ…逃げるなよ?」


『そんなの無理です!』


シュンッ


エピック「逃げても無駄なのにな……みんなに連絡しとくか…」


〜???〜
『ここは…どこ?』


?「帰ってきてくれたんですね…精霊様…」


『君たちは?ここはどこ?』


リトル「すみません…私はリトルです…精霊様…


そしてここは貴方様の聖域でございます」


『私の?…ここに人を入らせないようにすることできる?』


リトル「400年前も同じことをしてましたよね?


…もう駄目ですよ…」


『え…それって私が昔も逃げてたってことじゃ…』


サンズ「もう逃げちゃだめだぜ?ルリハ」


ナイトメア「俺のこともみんなのことも全部思い出したんだな」


エラー「俺達とまた一緒にいようぜ?女神様?」


マーダー「俺らを置いていかないでくれ…」


『…でも私には帰る場所が………何処だっけ…』


ドリーム「当たり前じゃないかあそこは…」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
とても…

この夕日で→←7どうして



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (22 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
9人がお気に入り
設定タグ:AU , undertale , 闇au   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

clioneちゃん(プロフ) - 終わりです (5月28日 15時) (レス) id: 5da7cf7b0e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:clioneちゃん | 作者ホームページ: ないよー  
作成日時:2022年5月26日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。