検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:2,573 hit

1人生なんか ページ2

『はぁ…毎日毎日つまらない…面白いことも何も起きない…


なんてつまらないのだろう…』


母「本を買ってきたわよ!」


『お母さんありがと…』


母「ルリハが好きなミステリーものの小説よ!


これを読んで少しはつまらない一日を楽しんでね!」


『うん…そろそろ仕事の時間じゃない?』


母「!ホントだわルリハありがとね〜」


『こっちこそ小説を買ってきてくれてありがとね!』


母「フフッ…お母さんもう行くわね!」


『またね!』


ガチャ


『…小説か…どんなのなんだろ………今はイイヤ…もう寝よ…』


〜夢の世界〜


『夢の中が一番楽しい動くのも楽だし色んなことができる…


人はいないけどね…はぁ…夢の中で死ねないかな…』


?「兄弟…!」


『?なにか聞こえる?おかしいな…


そろそろ起きたほうがいいかな…』


〜現実〜
『…いつもと違ったな…』


*何故か屋上のてっぺんにいる…


『え?嘘でしょ…何でこんなところに…あっ…』


*屋上から落ちてしまった…


〜???〜
『…ここは時計台?キレイ…』


*ステンドグラスの窓だ


?「おいそこのニンゲン初めて会うのに挨拶もなしか?」


『え?こんにちは?…………!?骨?何で?え?え?』


サンズ「オイラはサンズだ…ここにニンゲンは…


入れるはずがないんだが…どうやって来た?」


『いつの間にか屋上にいて…足滑らしちゃって…起きたらここ』


サンズ「何と言うかな滅茶苦茶だな…」


『そ…そう…かな?』


サンズ「おう」


『戻る方法とかは…』


サンズ「ない…と思うな…」


『…私…どうしてこんなに歩けるの?…』


サンズ「それはどういう意味だ?」


『私は体が弱くて…ずっとベッド生活だったんだよ…』


サンズ「heh…まぁあいつらのとこい行くか…」


『あいつら?』


サンズ「…会ってみたら分かるさ」


『そうなんだ…』


サンズ「そういえばお前の名前聞いてなかったな…


なんて言うんだ?」


『私はね…ルリハっていうの!』ニコッ


サンズ「オイラさっき言い忘れたんだがな…


オイラは時間の精霊だ」


『精霊…?』


サンズ「詳しいことは行ってから話すぜ」


『そっそう…』


サンズ「じゃあ行くからな」


*シュンッ…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大変だ〜今の時間がヤバイぞ…2:14☆

2集まり→←役職設定



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (22 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
9人がお気に入り
設定タグ:AU , undertale , 闇au   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

clioneちゃん(プロフ) - 終わりです (5月28日 15時) (レス) id: 5da7cf7b0e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:clioneちゃん | 作者ホームページ: ないよー  
作成日時:2022年5月26日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。