占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:5 hit、合計:75,941 hit

29 北山side ページ29





「ちゃんと復習しとけよーはい号令」







いつも通りAんとこの授業終わらせて
玉がふと視界に入って呼ぶ






「あ、玉ちょっと来い」




「えーなんでーだるいー」




「おいこら逃げんなっ」






俺と反対に背中を向ける玉の腕を掴んで
廊下へ出て歩きながら話した







.








「昨日夜遅くまで花咲と何してたんだよ」






昨日ああいう状況になって
どういう経緯でああなったのか聞くのを忘れてたから









「デートしてた」




「デート?」




「そうだよ、まだ付き合ってはないけど」





「お前女子をあんな時間に一人にさせんじゃねーよ」





「俺だって送るって言ったし。
けどもしものときの推薦のこと考えてくれたんだもん」









もしものときって……


人のこと心配するくせに自分がやられてんじゃん









「ミツだってそんな気使わなくていいけどね」





「何が?」





「今花咲って呼んでたけど
昨日はAって呼んでたじゃん」





「別になんだっていいだろ呼び方くらい」





「それにミツこそなんでそんなAのこと気にしてるの?
昨日探してたように見えたんだけど、あの後会った?」







部屋が隣ってことも数学教えてることも、
昨日男に囲まれてたことも、こいつは知らないはず。






.








「会ってねーよ、そんなことよりっ…

「絶対嘘。会ってた」







.








「…お前そんな好きなの?」




「好きだよ、いいじゃん別に」




「青春楽しんどけよ今のうちに」








そう紛らわして職員室へ戻ろうとすると








「話逸らすなちび教師っ」





「あ!?!?!?今なんっ…

「あーチャイム鳴るかーえろ」





「ちょ、おい!」








いつもみたいにふざけて教室に戻ってった
あいつ鈍感そうで実はめちゃくちゃ鋭いのかもしれない









.









.








別に俺が生徒の恋愛に踏み入らないし
踏み入れようとも思わない




今が一番楽しいんだ、
そんなんまきちゃんのこと好きだった俺が一番わかってる








.







…好きにしてくれ







…好きに





.

続く  (更新停止中) お気に入り登録で更新通知を受け取ろう

←28 北山side



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (153 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
642人がお気に入り
設定キーワード:北山宏光 , キスマイ   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あかやま。 | 作成日時:2019年1月25日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。