占いツクール
検索窓
今日:162 hit、昨日:404 hit、合計:203,224 hit

. ページ4

++
+++




「…やだな、冗談ですよ」



教室の扉を開ける瞬間、あまり聞きたくなかった声が聞こえた。
ガラッと開ければ、一斉にクラス中から視線を向けられる。
何故か前に出てきている明智と目があう。



「…今日も寝坊?」

「寝坊」



聞いてきた彼に短く返すと、そう、と彼からも短く帰ってくる。
逸らされた視線は私の後ろの扉を見据えていて、すれ違う瞬間に、「ちゃんと早く寝たら」と相変わらず冷たい声が聞こえた。
トイレに行ってくると言った明智が外に出て、ようやく教壇に立つ先生を見つけることができた。



「あら、遅刻?」

「…すみません」

「どっちなの?光岡?水瀬?」

「水瀬です」



変わった先生だなと思った。
恰好も然ることながら、その言動も。
でも、毎度毎度叱責してくるあの数学教師よりかは、随分と面白そうだ。

きっとみんな、気に入らないんだろうなあと思いながら、先生を睨みつける東条を横目で見る。
寝、坊、バ、カ、と声に出さずに口を動かした東条の頭を軽く叩いて、いってぇ!と騒ぐ彼の二つ後ろの席に座る。


遅刻しすぎでしょと笑うももをあしらいながら空いた斜め前の席を一瞥して、たまには真面目に授業を受けるかと、そんなに好きでもない国語の教科書を取り出した。

.→←.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (197 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1049人がお気に入り
設定キーワード:俺のスカートどこいった , 永瀬廉
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ハル - すごく大好きです!更新も無理せずにゆっくりでいいので、楽しみにしてます! (6月16日 0時) (レス) id: aceffff8a7 (このIDを非表示/違反報告)
なー(プロフ) - 鶴さん» ありがとうございます!更新は遅いですけど読んでいただけると嬉しいです(^o^) (6月12日 13時) (レス) id: 3cdd23f11d (このIDを非表示/違反報告)
- すごくはまってしまいました! 続きも楽しみにしています! (6月4日 22時) (レス) id: c081e3d2cd (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:なー | 作成日時:2019年6月2日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。