検索窓
今日:67 hit、昨日:82 hit、合計:2,927 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [連載中]

「あぁ、どうか泣かないでくれ。」

「こんな時どう声掛けりゃいいか分かんねぇんだよ。」

「…どうか泣き止んで欲しい。」

「雨が降るみたいに泣くから飴をあげる、僕の大切なお菓子なんだからね。」

「そんなに泣かれたら調子が、調子が、狂う。」

「僕には横に居ることしか出来ないけど、」


特殊な異能を持つ少女の幸せになるまでの道筋。

まっさらだった彼女の心に多くの色と感情を一つ一つ添えていくお話。



※時間軸よく分からなくなっていますがどうかご理解ください。執筆状態:連載中

シリーズの最初から読む












おもしろ度の評価
  • Currently 9.24/10

点数: 9.2/10 (21 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
52人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

海月(プロフ) - しぃさん» また外し忘れてましたか💦ご報告ありがとうございます(*ᵕ ᵕ)" (6月9日 16時) (レス) id: 3ac028622d (このIDを非表示/違反報告)
しぃ - オリ.フラ外し忘れてます💦 (6月9日 12時) (レス) id: 2de9f8af4e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:海月 | 作成日時:2024年6月8日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。