占いツクール
検索窓
今日:51 hit、昨日:67 hit、合計:15,446 hit

150話 ページ17

A「カナリア!」



ヒソカ「大丈夫だよA❤小一時間したら気がつくようにしたから♠」



ゴトー「お見事だ」



A「っ・・・」




何故、私が少し家族にヒソカを紹介しに行くだけで




こんなに大掛かりなことをするの?




ただ私は・・・









.









.









父さんと母さんにヒソカを会わせたいだけなのに・・・




ポタッ




ヒソカ・ゴトー「!!?」



A「どうして、私がヒソカを父さんと母さんに会わせたいだけでカナリアが傷つかなければならないの?おかしいじゃない!本当に父さんも母さんもちっとも変わってない!」(泣)




そう言うと誰かが私の頭を撫でた




ふと見上げるとそこには・・・




シルバ「すまなかったなA」



A「父、さん・・・」



シルバ「俺はただその男がAに相応しいかを見極めたかっただけだ。今まで辛い思いをさせた分、Aには幸せになってほしいからな・・・」



A「!…でもそれにカナリアを使うのはどうかと思うわ。父さんなら分かったでしょ?門に入って来た時点で、ヒソカがどれ程強いか・・・」



シルバ「カナリアを使ったのはカナリア自身も鍛えるためだ。まさか瞬殺されるとは思っても見なかったんだ。すまない」



A「・・・こちらこそごめんなさい。私も言い過ぎたわ」




そう言うと父さんは、良いんだと笑って答えてくれた




あぁ・・・"親子"ってこういう感じなんだ・・・




シルバ「さてと…まずはヒソカ、だったか?お前と話がしたい」



ヒソカ「オーケー♠」



シルバ「A、お前は話し終えるまで俺の部屋の半径5メートル以内に来るな。それ以外ならどこでも好きに行ってくれて構わん」



A「分かったわ。ヒソカまた後でね」ニコッ



ヒソカ「あぁまたね❤」




ヒソカがそう言うと、父さんとヒソカは




隣に並んで歩きながら、家に向かって行った・・・




ゴトー「A様はどうしますか?」



A「まずはカナリアの処置を先にしたいわ。ゴトー、手伝ってくれる?」



ゴトー「はい!勿論です」




そしてゴトーはカナリアを抱えながら




私と一緒に執事室へと向かった・・・

151話→←149話


  • 金 運: ★☆☆☆☆
  • 恋愛運: ★★★☆☆
  • 健康運: ★★★★★
  • 全体運: ★★★☆☆

ラッキーアイテム

革ベルト

おみくじ

おみくじ結果は「末凶」でした!


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (22 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
219人がお気に入り
設定キーワード:H×H/ハンターハンター , ヒソカ , ゾルディック家   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

紫月(プロフ) - ドラゴンちゃんさん» コメントありがとうございます。そう言っていただけると嬉しいです!学校との両立が難しいので中々浮上出来ませんが、頑張って更新します^ ^ (6月3日 0時) (レス) id: d954c627a4 (このIDを非表示/違反報告)
ドラゴンちゃん(プロフ) - 続き楽しみにしたます♪更新頑張ってください!(*^^*) (6月2日 9時) (レス) id: 10f5baf2bd (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:紫月 | 作者ホームページ:p://  
作成日時:2019年2月10日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。