占いツクール
検索窓
今日:124 hit、昨日:272 hit、合計:58,689 hit

Memories of MIMOSA ページ8

.


「テヒョンくーん、コーヒー、お願い出来る?アメリカン、薄めね。」


レジに向かいながら声をかけると、


「はい。アメリカン、うすめ。」


ゆっくり繰り返してから、カウンターに入る姿。


その姿をカウンターからうっとりと見つめる2人組のOL。
最近よく見る顔だ。
まあなんというかお目当が分かりやすい。


からん、


「いらっしゃいませ。」


ベルの音にすぐさま反応するもう1人の彼にも
入ってきた女性陣がはっと息をのんだ。

こちらの彼は臨時のバイトで今週中には韓国に帰ってしまう。


レジを済ませ、再度カウンターの中へ視線を移す。


ひと通りのコーヒーを淹れられるようになった彼は
コーヒーが飲めない。


しかし淹れる姿はとことん美しい。


流れる様な曲線美の横顔を見ながら、
みさとは、つい先週のことを思い返す。



Aちゃんが慌てて帰ったあの日。

ひとり残されたテヒョンくんのこと。







からん、からんっ、


ドアから出て行く彼女を、いつもの彼なら追いかける筈だった。


でも違った。
目の前の飲みかけのコーヒーのカップを見つめたまま動かない。
あまりずっと動かないから、息をしているのか途中本気で心配になった。


テーブルを片付け拭き上げながら様子を伺うと
ゆっくりと瞬きをしたから、ほっとして、次は別の心配が頭をよぎる。



…泣いてる…?



オーナーは何も言わないし、
かちゃかちゃと、カップを重ねる音、みさとの靴を鳴らす音がやけに大きく聞こえる。



こういった状況に耐え兼ね、我慢出来なくなり


「コーヒーはやっぱり苦いかしら?」


近くで声をかける。



瞬間、ぱっと、視線が合って、声をかけた方のみさとが若干びっくりする。


涙は一滴も出ていなかった。


…良かった、泣いてはいなかった。



そう思うとテヒョンくんは、残りのコーヒーをぐぐっと飲んだ。




「にがいです。


おもったより、ずっと。」



その声にオーナーの靴の音が近くで止まる。



「苦くていいんだよ。」



オーナーは目尻の皺を深くして、
あの日を思い返す。



韓国から来た、この青年と
初めて出逢った日。



あの日はまだ肌寒い風が吹いていた。



昼クローズの後、ドアから出ると
びゅう、と風が当たりふいに横を向くと


ツタの絡まる窓から中を覗こうとする、ひとりの青年。



はたと目が合うと、深々とお辞儀をして、足早に去ってしまった。


その彼が、テヒョン君だった。

.

Memories of MIMOSA→←2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (178 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2435人がお気に入り
設定キーワード:BTS , 防弾少年団 , テヒョン
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぽるこ(プロフ) - ミキさん» 返信が大変遅くなりました!ミキさん、ありがとうございます!更新すると温かいコメントを届けて頂き、惚れそうです。笑 プライベートがひと段落ついたら後はストップ無しでエンディングまで書きます。どうか最後まで見守って下さい! (9月23日 21時) (レス) id: 0ba6c9eae1 (このIDを非表示/違反報告)
ミキ(プロフ) - うわぁ〜、また想像を掻き立てられる…(笑)。主人公ちゃんが、真摯に自分の想いを伝えようとしているところに何だかじわっと胸にくるものがありますが、テヒョン君は思わず抱きしめたくなっちゃったのですね!じんわりとドキドキの両方をありがとうございます♪ (9月16日 0時) (レス) id: be38181257 (このIDを非表示/違反報告)
ぽるこ(プロフ) - 10969さん» そうなのです。昨日で丁度1年でした。こんなに長く書いてるなんて…驚きです。1年経ったことを気付いて下さるなんて、そして温かいお言葉を添えて頂けて、じいんときております。こちらこそ、感謝致します!色をさす、とはなんと素敵なお言葉でしょう。幸せです。 (9月12日 14時) (レス) id: 0ba6c9eae1 (このIDを非表示/違反報告)
10969(プロフ) - このお話を書かれ始めてから、今日で一年なんですね。いつもぽるこさんの綺麗すぎる描写に憧れに近い気持ちで読ませていただいています。素敵なお話で癒やしてくださって、生活に小さな色を指してくださってありがとうございます。このお話に出会えたこと、感謝します。 (9月11日 22時) (レス) id: 6d03a2257a (このIDを非表示/違反報告)
ぽるこ(プロフ) - たきゆさん» お母様絶対絶対可愛い筈です。可愛いだけでは無い面もあるかもしれませんよね。これからの展開、見守ってくださると思うと百人力で突き進めます。コメント、ありがとうございます! (9月8日 23時) (レス) id: 0ba6c9eae1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぽるこ | 作成日時:2019年8月25日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。