占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:15 hit、合計:24,286 hit

白布くんside6 ページ11

菅野の、普段とは違う悲痛な叫び声。



嫌な予感がした。



俺は階段を駆け上がり、菅野が入って行った部屋へ急いで向かう。



その部屋には・・・



一台のグランドピアノ、


両サイドの壁は、左側に本棚とアップライトピアノ。


右側は数え切れない程のトロフィーや賞状が飾ってある棚。



でもそんなことはどうでもいい。



その黒くて大きなピアノの側で、





華原が、



倒れていた。





白「っ、」




菅野は華原の肩を支えている。




芹「あかり、あかり・・!」




華原は目を閉じていて、いくら呼ばれても覚める気配がない。



不安で鼓動が加速し、胸のざわめきが止まらなくなった。




芹「息は、してるのに・・!」



川「きゅ、救急車・・!?」




追いついた川西がスマホを片手に震えた声で言った。



菅野はすぅ、と息を吸い込み、




芹「あかり!!!」




と、涙声でもう一度叫ぶ。




・・その時だった、





『ん、・・・』




え・・・、




うすく目を開いた華原。




芹 白 川「「「!!!」」」




『んん・・・・あれ、・・芹那?』





小さく、柔らかな声で華原が呟いた。





芹「あかり・・・!」




『・・・どうして泣いて・・?・・え、白布くん?川西くんも?』





安心したのか涙を零す菅野の涙を拭いながら、起き上がった華原はおろおろとこちらを見る。





『な、泣き止んで、芹那。どうしたの。・・・あの、白布くん、これはどういう・・』





華原は次第に普段通り話し始めた。



それを見ていたら、俺の不安も一気に無くなり、



体のこわばりも緩んだ。



・・ていうか、これって。




白「・・・華原、寝てたの?」




そう聞くと、華原はゆっくり頷いた。




『あ・・う、うん。昨日からずっと弾いてて・・・いつのまにか、ここで寝てたんだと・・・』




それを聞いて俺がため息をつくと同時に、




芹「ばか!!」




菅野が大声でそう言った。




『!?』



芹「ちゃんと休んでよ!風邪引くじゃん!それにスマホは!?ラインくらいできるでしょ!!」



『うん、ごめんね・・・、スマホは・・部屋に置きっぱで・・・』



芹「それやめて!」



『は、はい・・・』




華原は菅野に説教をされ、うなだれる。




川「ま、まあ良かったじゃん。寝てただけで。」



白「お前、救急車とか言ってたよな。」



川「白布だって不安で固まってたじゃん?」

マミー&芹那side→←白布side5



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (47 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
123人がお気に入り
設定キーワード:白布賢二郎 , 白鳥沢 , ハイキュー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

おしお - いえいえ!こちらこそ要望に応えられずすみません・・・実は要望なんて初めてですごく嬉しかったんです。本当にありがとうございました。本当にごめんなさい。 (5月7日 19時) (レス) id: e698fce4ed (このIDを非表示/違反報告)
百花(プロフ) - 理由があったんですね! 何も考えずにコメントしてしまい、申し訳ありませんでした。 (5月5日 9時) (レス) id: bd93b7215e (このIDを非表示/違反報告)
おしお - 他にも読者様の中に「夢主を自分の名前に変換したい。」と思っている方がいらっしゃいましたら、参考にしたいので是非コメントで教えて下さい。 (5月4日 13時) (レス) id: e698fce4ed (このIDを非表示/違反報告)
おしお - 百花さん» ご要望ありがとうございます!夢主の名前を自動変換不可能にしているのには理由があるので、申し訳ないのですが少し考えさせて下さい。やり方は知った上です。本当にすみません。 (5月4日 13時) (レス) id: e698fce4ed (このIDを非表示/違反報告)
百花(プロフ) - 要望なんですけど、主人公の名前、自分の名前にできませんか? (名前)って入れればその人の名前に自動変換してくれるんですけど、もしやり方わからなかったようならごめんなさい。 (5月3日 18時) (レス) id: bd93b7215e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:おしお | 作成日時:2019年3月5日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。