占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:4 hit、合計:24,497 hit

3 ページ3

2人で並んで歩いてると、同じ学校の子たちからチラチラ見られる。笑



あ「亮ちゃんモテるよね」



亮「そんなことないで」



どの口が言うてんねん!



あ「あ、クレープーっ!」



亮ちゃんって甘いもの食べれるのかな?



あ「私あれがいいな、イチゴとチョコのやつ」



亮「あんな甘ったるいの食べれるん?」



あ「食べれる食べれる!亮ちゃんは?」



亮「俺、甘い物そんな好きやないわぁ」



あ「じゃあ、フルーツいっぱいのってるやつにしたら?」



亮「あ、それなら食えそうやから、それにするわ」



あ「私が奢ってやろう。」



亮「俺が奢るで?」



いやいや、私が付き合わせといて奢ってもらうのはねぇ笑



あ「さすがにそれは悪いよ!」



亮「ええねんて」



あ「せめて割り勘!」



亮「うっさいなぁもう、黙って奢られとけや」



あ「くぅ、、かっこいい/////」



やっぱイケメンにこんなこと言われたらキュンってするよね!



亮「1人で何言うてんの?気持ち悪い」



どんだけ毒吐かれてもなんも思わないよもう笑



あ「えへへ」



亮「頭おかしいんとちゃう?」



あ「うん、そーだね」



亮「やばいでおまえww」



夢「忠義くんなに食べるぅー?」



おう、なんか聞こえてきたな。笑



亮「後ろにおるんかな?」



あ「クレープなんて来るんじゃなかった、、」



亮「おい、奢ってやったんやからな?」



それは感謝いたします錦戸様。



あ「それは感謝してるから!笑」



屋台的な感じで構えてる店だから、そこら辺の椅子で勝手に食べてくれ形式ね?笑



あ「そこ空いてるーっ!」



亮「あ、ほんまや」



木の周りがベンチになってるとこにした。



あ「うわっ、うまっ!」



亮「もっと女の子らしい言葉遣いにしろや笑」



あ「美味しいー!」



亮「うん、なんか嫌やわ笑」



私ってこういうやつだからね。笑



夢「忠義くんっ、そこ空いてる!」



そこってまさかうちらの隣だったりしないよね!?



忠「あ、ほんまや」



隣だし。私側の方だし。



亮「A、あっち行く?」



あ「あっちまだ空かなさそうだし、、、亮ちゃんこっち側来てくれへん?」



亮「おん、ええよ」



あ「ごめんなぁ」



亮「ええねんええねん」



さすがに真横にいられると辛いっす。笑



てか、たぁくん甘いもの食べれないのに、、



夢「忠義くん!ちょっと食べるぅ?」



忠「いや、、おれ、、」



夢「遠慮しないで!ほら!」

4→←2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (31 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
159人がお気に入り
設定キーワード:関ジャニ∞ , 大倉忠義 , 恋愛   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぽにょ(プロフ) - この作品を書いていたアカウントにログインできなくなったため新垢を作ってそちらで続きを書いています。このコメントの名前のところをタップして頂ければ、プロフィール?のページに飛べると思うので、そちらから続きを読んでいただけると嬉しいです! (3月13日 18時) (レス) id: 2b4fc5b920 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぽにょ | 作成日時:2019年9月3日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。