占いツクール
検索窓
今日:189 hit、昨日:230 hit、合計:161,253 hit

224 ページ41










広げた手のひらをぎゅっと握りしめると

同じように大きな魔の手が男を握りしめる

この魔の手は発動者であるAと同じ動きをするのだ。

あの時─ Aが自分の家を襲ってきた呪霊と戦った際にも鈴鹿姫がその手を使っている。









「私の術式は式神を呼ぶことだと思ってた?」

「そうだよね…まぁ…そりゃそうか」

「私も知らなかったよ、自分で自分のことが分からないんだ」









このまま落ちていけば普通の人間は死ぬ

だがAは難なく地面に着地し

上にあげた手を握りしめたまま男を睨みつける

その顔は…薄らと笑ってるようにも見えるが一体Aは何を考えているのか。









「投げろ」









最後にもう一度強く手を握りしめると

男の骨がミシミシと音を立てているのがはっきりと耳に入る

Aは勿論人を殺めたり攻撃するのは好きではないが

相手が呪詛師や罪のない人を傷つけてるのなら躊躇しない性格だ。









「(コイツ…!!術式が…2つあるのか…!?)」

「(全く異なるものだった…何故…)」









まるでゴミを投げ捨てるようにAが手を動かすと同じように

勢いよく遠くへ男を投げ飛ばす魔の手

男は建物の柱を貫通し店の窓ガラスを割り、飲食店のテーブルに直撃

人にもよるが基本的に呪力のある術師は呪力である程度防げるのでこれくらいでは死にはしない。









「貴方の斬撃かなり効いたけどさ」

「私自身じゃなく壁を攻撃して潰そうとしたり

関係の無い人を巻き込んで動揺させようとするあたり」









人差し指を下から上にクイッと上げ

薙刀を出しくるくる回しながらカツンカツンとブーツの音を鳴らし近づくA

血がボタボタと腕から流れてもその足は絶対に止めない。









「本当に私を殺すつもりできたの?」

「私を殺したいなら直接私を狙わないと殺せないよ」

「一般の人を狙えば動揺すると思ったの?逆だよ逆、私に怒りの力を与えてる」









怒りで半分我を失いかけているAは

平気でこの呪詛師の男を殺してしまう事だろう

それもきっとすぐにとどめを刺すのではなく何度も何度も痛い目に遭わせて苦しませながら殺していく。









「私1人相手に色々直接やられた方が1番効くんだよ」

「状況によるけどね」

225→←223



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (212 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
613人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 狗巻棘   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

まー(プロフ) - 亜紀さん» コメントありがとうございます…!尊敬だなんて恐れ多いです…これからも頑張ります:-) (11月29日 16時) (レス) id: 47d5979f19 (このIDを非表示/違反報告)
亜紀(プロフ) - 素敵な作品ありがとうございます…!私も小説を書いているのですが、ほんとに尊敬してます!更新頑張ってください! (11月28日 13時) (レス) id: ab4f96d557 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:まー | 作成日時:2020年11月24日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。