占いツクール
検索窓
今日:394 hit、昨日:667 hit、合計:162,125 hit

197 ページ14











「はい!出来たよ!」

「ありがとうございます…!!」

「なんか切る前より表情明るくなったね」

「そうですかね?」









モヤっとした気持ちをなんとか閉じ込め

カフェオレを飲んでは漫画を読んで

漫画を読んではスマホを見て

スマホを見ては美容師さんと話をして…

ずっとそれを繰り返していたらいつの間にかカットは終わっていた。









「少し時間かかったから男の子には悪いことしちゃったかもね〜」

「ですよね!?」

「あらあらそんな顔して多分だけど大丈夫よ、そんなに気にしない」

「う〜〜ん…気にしてないといいけれど」









心做しか色んなものが軽くなったような気がした

髪の毛を切ったくらいで気持ちが大きく変わるものなのか人それぞれ感じ方は違うが

Aにとってはその変化は小さく見えても大きなもの。









「(というか私、鏡見てないんだよね)」









カットしている最中

なんとなく楽しみにしたくて鏡を布で隠してもらったのだが

いざ終わると変な緊張感が襲ってくる

ちゃんと自分に似合っているのか、切りすぎていないか、色々心配だ。









「…………変なの、緊張なんかして」









胸の中にまた再び広がる

今まで経験したものとはまた別物のモヤモヤ感

美容師さんとの話の最中に初めて味わったあのモヤモヤ感とピッタリと一致して

バクバクと心臓が大きな音を立ててそこから逃げ出したい衝動に駆られる。









「(まずいなぁこれ)」

「(高専に来た時よりも緊張してる)」









AがAらしく自分のことを主張できるようになったのはつい最近からの話

それまではずっとずっと自分と向き合うことなく逃げては

家族だけでなく自分自身も自分の存在や姿を否定してきた。

だからこそこの新しい自分を見るのに、受け入れるのに、大きな勇気が必要なのだ。









「(何か言われたら、どうしよう)」









呪いが見えることと髪型の変化なんて

話の大きさが違うと思うかもしれない

でもAの中では"誰かに否定されるかもしれないこと"で同じものに分類されている

妙な緊張感と得体の知らない気持ちが身体中を駆け巡って倒れそう。









「("あの子"だったらきっと)」

「(似合うって言ってくれたのかな)」









なんて大袈裟なんだろう

そんな小さいこと気にしてたらキリがないのに

198→←196



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (213 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
611人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 狗巻棘   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

まー(プロフ) - 亜紀さん» コメントありがとうございます…!尊敬だなんて恐れ多いです…これからも頑張ります:-) (11月29日 16時) (レス) id: 47d5979f19 (このIDを非表示/違反報告)
亜紀(プロフ) - 素敵な作品ありがとうございます…!私も小説を書いているのですが、ほんとに尊敬してます!更新頑張ってください! (11月28日 13時) (レス) id: ab4f96d557 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:まー | 作成日時:2020年11月24日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。