占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:64 hit、合計:20,170 hit

異能力 ページ9

「君の異能は、僕と同じ精神操作系だ」

そう云ったQちゃんは、どこか私を哀れむような表情をしていた。

「そう、だったんだ」

私から出たのは、そんな掠れた情けない声だった。

異能力には様々な種類がある。
その中でも精神操作系はその性質上、最も忌み嫌われる異能力。

それを持つQちゃんはこれ迄想像を絶するような悲惨な目に遭ってきた。
病院で同じ部屋の子を傷付け、異能の調査のためにマフィアに回され、暴走させ、本当は傷付けたくないのに多くの人を傷付け、そのうちにQちゃんの心は一度壊れてしまった。
壊れたQちゃんは、封印作戦の時多くの人を傷付け、無理矢理狭くて暗い座敷牢に押し込められてしまった。

今でこそ明るく笑うQちゃんだが、そうなる迄には多くの時間がかかった。封印作戦の後、私がほぼ毎日のようにQちゃんの元へ通い続けて数ヶ月、やっとQちゃんは子どもらしく愛らしい笑みを浮かべるようになった。
原作ではそんな人はいなかっただろう。その場合、Qちゃんはいつまでも壊れたままだっただろうし、想像を働かせるとゾッとした。

だが、Qちゃんへの偏見は今でも無くなっておらず、マフィアの大半からは未だに嫌悪の視線を向けられている。
Qちゃんは精神操作系の異能を持つ辛さを身をもって感じ続けているのだ。


「多分Aちゃんの異能は、受信者の神経に作用するものだよ。ええと、五感ってやつかな。視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚を司る神経を操るんだ。そして幻覚を見せる」

「で、でもそれだったら精神操作系ってよりも身体に作用しているんじゃあないかな?」

私が反論すると、Qちゃんは一呼吸置いた。

「Aちゃん、ぼくのところ(ここ)に来る前、何を思ってた?」

「いきなり何を?」

「いいから答えて!」

Qちゃんは今までにないほどに強い口調で云った。

「え、えっと、Qちゃんとピクニックに……!?」

そこまで云ったところで私も完全に悟った。

「もしかして……」

Qちゃんは格子扉から手を出して花びらをつまみとった。

「そんな願いを、この花は叶えてくれたんだ。『2人でピクニック』って願い。Aちゃんの願い通り、僕たちは2人でピクニックに行ってた。とてもリアルだった。本当にピクニックに行ってる気分だった。懐かしい、暖かい太陽の陽を浴びた。僕もAちゃんとピクニックに行きたかったし、嬉しかった。この花の甘い香りが、甘い夢を見させてくれた」

泣きそうなかおだった。

「花の宝石が割れるまでは」

異能力2→←それはまるでおかしのような



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (104 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
255人がお気に入り
設定キーワード:文豪ストレイドッグス , 文スト , 転生
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆめのあき(プロフ) - ライさん» 素敵な作品だなんて光栄です!最近忙しくて更新出来ていませんがよろしくお願いします! (10月22日 22時) (レス) id: e1a96e1817 (このIDを非表示/違反報告)
ゆめのあき(プロフ) - ルルナナさん» ありがとうございます!最近忙しくて更新出来ていませんがよろしくお願いします! (10月22日 22時) (レス) id: e1a96e1817 (このIDを非表示/違反報告)
ライ(プロフ) - 面白いっ!素敵な作品をありがとうございます。これからも更新頑張って下さい!応援しています。 (8月19日 1時) (レス) id: 2ac506ad59 (このIDを非表示/違反報告)
ルルナナ(プロフ) - とっっっても面白いです!更新楽しみにしてます (7月22日 10時) (レス) id: f75b5a5c4e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆめのあき | 作成日時:2019年4月4日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。