占いツクール
検索窓
今日:33 hit、昨日:13 hit、合計:14,375 hit

血とナイフと砂糖と君 ページ10

太宰side

森さんが言っていた。

誰を殺してもいいと。

マフィアだから。

じゃあ、殺そう、中也を。

本当はあの少年も殺したい。

しかし、私があの少年を殺したら私は嫌われてしまうかもしれない。

だから、消すならまず中也から。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

静かな路地裏。

そっとついて行って刺した。

倒れる中也。

大きな血だまり。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

太「Aちゃん、ただいま。」

『遅かったね。』

太「うん。」

『お風呂にしますか?ご飯にしますか?』

太「うーん。Aちゃんにする。」

『答えになってません。』

太「私、本気なのだよ。」

そういってキスする。唇に。

Aちゃんの唇は柔らかかった。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

中也が刺されたことはマフィア中の話題になった。

とはいえ、中也は死んでいない。

まっいいか、“どうせもうすぐ死ぬだろうし。”

♪───O(≧∇≦)O────♪

龍頭抗争編始まります。(。-_-。)

兄弟(=´∀`)人(´∀`=)【番外編】→←砂糖は砂糖で味付けを【番外編】


  • 金 運: ★☆☆☆☆
  • 恋愛運: ★★★☆☆
  • 健康運: ★★★★★
  • 全体運: ★★★☆☆

おみくじ

おみくじ結果は「末凶」でした!

今日のヤンデレタイプ

妄想型


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.4/10 (17 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
20人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:黒にゃん | 作成日時:2019年10月18日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。