占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:33 hit、合計:59,312 hit

百五一 ページ1

.



「そんなに(俺が)呑めなかったのが面白いか?酒豪ならば何を思う」

はっとした。信長に近づくのは勿論避けたいが、逆に機嫌を損ねて忌まれる訳にもいかない。

「ただ私は偏見を持っていただけでございます。お気を煩わせたのであれば申し訳ございませぬ」

信長は俺の応答を聞いても心底楽しくなさそうだった。にしても、いつもの俺なら酔ってぶっ倒れるところなのだが、まさか酒に強くなった訳でもないだろう。昔は身体が慣れていなかったのかもしれない。

「そうか」

無愛想な返事を1つ返すと信長はまた酒を口に含んだ。あまり酔われると困るのだが。少し、信長の様子を見ながら、月を見る。

「貴様も呑むか」

「いえ、私は病を患っておりますので控えさせて頂きます」

あれ、そうは言っても昔は''酒は百薬の長''とか言うんじゃなかったか?まあ、いいか。信長は特に言ってくる様子もない。

「手を出せ」

信長はそう言った。もしや腕でも切り落とされるか?いや流石にないか?なんて少し緊張しながら手を出した。すると、手のひらに小さな小包を置かれた。

「……金平糖…ですか?」

「なんだ知っているのか。異国の菓子だ」

…信長が菓子で唯一好んで食べるものじゃないか。なんで?他人に好きなもの普通あげるか?そう思いながらも、甘い物は現代だろうと戦国時代だろうと好きなので、有難く貰っておこう。
開くと、キラキラと月の光で輝く金平糖、なんだか食べるのも勿体なくなってくる。
最早、顔を見られることももうどうでもよくなってきたので、顔を背けることもなく口元の布を下ろし、1粒の金平糖を口に含んだ。噛むと、小さな甘みが広がる。

「それは俺の妻が初めにくれた菓子だ」

「…っ…」

言葉が出なかった。今の信長の口から俺の事なんて出てくるとは思わなかったから。
一度きり、信長の誕生日に信長の好物として有名な金平糖をあげたのだ。本当に好物なのか分からないが、今も手に入っているということは気に入ってくれたのかもしれない。

「くはっ、なんだ貴様その呆けた顔は。この俺に正室はいないと思っていたか?」

「い、え…」

「まあ今はおらんがな」

息が詰まった。信長自身が思っているよりも信長らしくない顔をしている。酷く物足りないような寂しげで憂いを帯びた目をしている。そしてまた酒を呷る。
帰蝶としてここにいたなら、笑って小馬鹿にしているかもしれない。これ以上ないほどの情けない顔だったから。

「…」

百五二→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (123 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
215人がお気に入り
設定タグ:戦国時代 , 男主 , BL   
作品ジャンル:ギャグ, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

愛之助(プロフ) - パパゴラスさん» ウッッッッありがとうございます!末代まで語り継ぎます() あと少し(?)頑張ります! (9月2日 16時) (レス) id: 71bd857e36 (このIDを非表示/違反報告)
パパゴラス(プロフ) - もう少しで完結と聞いてなきました。読んでると胸が締め付けられて…もう…もう…(語彙力の崩壊)頑張ってください! (8月31日 9時) (レス) id: 665c1b4e56 (このIDを非表示/違反報告)
愛之助(プロフ) - 如月真さん» アーッ!奥様イケマセン…私も貴方のことが好きです…(?)(((失礼しました。本当に嬉しい限りです!!ゆっくりゆっくり気長に最後までお付き合い下さると嬉しいです! (8月29日 23時) (レス) id: 71bd857e36 (このIDを非表示/違反報告)
愛之助(プロフ) - 名無しさん» 爆発してますか!!?それはとても嬉しいです(血涙) もう少し…なんですよ…何だかノロノロやってたのが寂しく感じてきます…笑 ありがとうございます!無理せず頑張ります! (8月29日 23時) (レス) id: 71bd857e36 (このIDを非表示/違反報告)
如月真(プロフ) - 好き… (8月29日 20時) (レス) id: 57a41376e4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:愛之助(元大手裏剣) | 作成日時:2020年8月16日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。