占いツクール
検索窓
今日:26 hit、昨日:207 hit、合計:253,285 hit

70話 ページ20

こん「主さま!今日はこれを使ってお味噌汁を作りましょう!」

そう言うとこんのすけは2冊ある内の1冊を取り出して私に見せる。

「料理本?」

こん「はい!清水さんがくださいました!ついでに材料も厨に運んで置いてあります!」

流石!できる狐は違うね!(こんのすけ以外の管狐は見たことないけど)

「清水さんが?そっか。また清さんに会ったらありがとうございますって伝えておいてくれる?」

こん「わかりました!では厨に向かいましょう!」

「わかったよ。」

こんのすけを抱いて厨に向かう。
うむ、いつまでも抱いていたいモフモフですね!

「ついたー。えっと、お味噌汁を作るんだっけ?」

お味噌汁ってまずどんなのだっけなー。

こん「はい!」

こんのすけがお味噌汁の作り方のページを開いて見せる。
あ、これあれだ。小学5年生の時に頭からぶっかけられた熱いやつだ。

「まずは何をすればいいの?」

まさかこんなに早く料理をすることになるとは思わなかったなー…。

こん「とりあえずお米を炊きましょう!炊けるのを待つ間にお味噌汁を作りましょう!」

「わかったよ。」

お米を炊く準備をしながらお味噌汁の具材も出す。
味噌とワカメとお豆腐を冷蔵庫から出した。…昨日作ったアレがなぜかなかったからこんのすけに聞いたけどこんのすけも知らないらしい。

お米を炊き、炊き終わるまでの間にお味噌汁を作る。

こん「本当は出汁を取った方がいいのですが、今回はなしでやりましょう!」

とこんのすけが言ったので出汁の工程を省いて料理本を見ながら作っていく。

えーと、まずは鍋に水を入れて火をつける。次に切ったワカメとお豆腐を入れて、沸騰するまで待つ。沸騰したら火を止めて沸騰を沈めたら味噌を溶き入れて、もう一度火を入れる。沸騰する直前に火を止めたら出来上がり!

「出来たー!」

こん「随分と手際がいいですね!」

「そうかな?でもまさか頭からかけられた事のあるやつをまた作って食べるとは思わなかったよ。」ケラケラ

こん「なんと!それは申し訳ございません主さま…。」

「謝らなくていいよこんのすけ。気にしてないから。」

こんのすけの頭を撫でながら言う。

71話→←69話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (167 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
704人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , 女審神者 , ブラック本丸
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

なずな(プロフ) - だいがくいもさん» だいがくいもさんコメントありがとうございます!面白いと言ってもらえて嬉しいです!夢主ちゃんの周りからの扱いが不憫すぎて...(設定を考えた奴)。更新頑張らせていただきます! (4月13日 19時) (レス) id: ba3f139607 (このIDを非表示/違反報告)
だいがくいも - 面白かったです!夢主ちゃん頑張れ!更新頑張ってください! (4月13日 9時) (レス) id: c672c5d881 (このIDを非表示/違反報告)
なずな(プロフ) - ルナさん» ルナさんコメントありがとうございます!教えてくださりありがとうございます!直ぐになおします! (4月12日 17時) (レス) id: ba3f139607 (このIDを非表示/違反報告)
ルナ(プロフ) - 86話が36話になってます。 また92話が42話になってますよ。 (4月12日 16時) (携帯から) (レス) id: 66cf0ac4ec (このIDを非表示/違反報告)
なずな(プロフ) - 雪音さん» 終わりのセラフは申し訳ないですが内容を知らないんです...。作品はこの作品の話数がいっぱいになった頃くらいに出そうかなと思ってます! (4月11日 9時) (レス) id: ba3f139607 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:なずな | 作成日時:2019年3月24日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。