占いツクール
検索窓
今日:46 hit、昨日:172 hit、合計:48,734 hit

ページ11

Kyomoto




「 男子校じゃなくなるって聞いて、転入手続きしてもらったの 」




ポンポンと話が進んでいくけど、イマイチ誰も理解出来てないAの話




「 って、違うよ。はやく机探しに行かないとじゃないの?」


慎太郎「 っべ!そうだった!……おい、俺らの机どこにやったんだよ 」


文恵「 ゴミに出しました 」


沙耶「 今頃廃棄場じゃないかしら?」


小百合「 なんでそんな必死なのよ 」


慎太郎「 ……お前らにとってはゴミかもしんねーけどなぁ、俺らにとっては宝物なんだよ!!」


沙耶「 あれが宝物?」


北斗「 金じゃ買えねーもんだってあんだろ 」


慎太郎「 とりあえず行くぞ!」


大我「 あっ、Aも行くぞ 」


小百合「 えっ?」


「 ごめんさゆりん、ちょっと行ってくるー!」




俺に手を引かれながら、カトレアの女に手を振るA




大我「 なんであんなお嬢様と仲良いんだよ 」


「 まあ、わたしみんなのおかげでヤンキーになっちゃったみたいでさ 」


ジェシー「 俺らなんもしてねぇ!」


「 一緒にいるだけでヤンキー扱いなんだわ 」


北斗「 ヤンキーだから仲いいって、余計おかしいだろ 」


「 そんなに気になる〜?」


慎太郎「 俺にも言わなかったのはなんでだよ 」


「 別に聞かれてないし、さゆりんのことは何回か言ったことあるとおもうけど 」


優吾「 Aと同じ不良少女だとおもってたよ 」


「 まあ、助けただけだよ。変な言いがかりつけてさゆりんを連れてこうとしてたから 」


北斗「 お前、それ自分も危ないってわかってんのか!」


「 やだなぁ、説教なんてやめてー 」


北斗「 真面目に言ってんだけど。一緒に連れてかれてたらどうすんだよ 」


「 この通り大丈夫だったじゃん?」


大我「 そういう問題じゃねーから。俺らが助けに行けないことだってあんだぞ 」


「 本当にわたしが危ない時はいつもみんながいるもん。だから大丈夫だとおもったの 」




こっちが本気で心配してるってのに、本人は俺らを信用しきってヘラヘラしてるし。
少しは危機感ってものを感じろよ!




北斗「 お前、机探した後たっぷり説教してやるから覚えとけよ 」




…………くそ、ニヤニヤしやがって。

〇→←〇



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (186 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
716人がお気に入り
設定キーワード:SixTONES , ジャニーズJr , 私立バカレア高校   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

にゃんザクラ - 更新頑張ってください! (5月15日 22時) (レス) id: f89000f261 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:李苺 | 作成日時:2019年5月8日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。