占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:1 hit、合計:1,204 hit

ジ「ウツボットがいい」 ページ7

1回目!

な「引くよ?せーのっ」

あ、番号だ。

る「あっ、僕だ!」

るぅちゃんか〜うんうん。
優しそう

こ「うわやばいこれはやばいw」

な「さぁてるぅとくんなににする?」

る「ん〜………2番と6番がはぐ!」

り「……6番。」
さ「2番だわwww莉犬うぇーいw」
り「ジェルくんじゃなくてよかったさとちゃんうぇーいwww」

すんげー毒吐いて莉犬くんがさとみくんに抱きつく。

え?腐?なにそれ???(すっとぼけ)

ジ「莉犬くんほんまに、ほんまに俺のこと嫌いやんなマジで。」
り「え?www」
 「ww大丈夫、さとみくんはジェルくんの味方だから」
さ「勝手にジェル派にすんなよ!w」


2回目!

 「……あ!!!キタアアァ!!!」
な「お…!安全そう」
 「え?何言ってんの?」
こ「………えぇ?」

 「…あ〜……こいつらふたりにあれやらせたいな〜…番号当ててぇ〜……」

な「いやそういうゲームじゃねぇからw」

あの二人に…やらせたい…何番だろ……
勘で…………!

 「…はい、決めた。1番と6番、愛してるゲームで。」

こ「きたああああ!!」
さ「…うし」
る「やったね〜」
り「……どんまい、なーくん。」

な「は?」
ジ「え」

 「…………えーリスナーの皆さん。Aが当てたかったのはななジェルの二人です。この二人に愛してるゲームをしてほしくてね?……はい!1番6番やっちゃってぇー!!!」


な「…俺からやっていい?」
ジ「……わかった、言うてええよ」

な「……クソーw えー…ジェルくん、愛してる。」
ジ「もう1回」
な「ジェルくん愛してる」
ジ「…もう1回」
な「ジェルくん愛してる!!」
ジ「俺のがなーくんのこと、愛してるで」
な「………www俺愛してるは言われ慣れてないってだめだって!!www」

 「フゥーーー!!!ななさんの負け!!!!」

照れてるななさんかわいい!かわいい!!!!!!

な「あのね、今、顔真っ赤にして照れてる俺をAもジェルくんも楽しそうに悪魔みてーに笑いながら見てるよ。」
ジ「www俺も恥ずかしかったけどなw」
 「さすがジェルくん言い慣れてるし言われ慣れてる。さすがだね。」
こ「ヨッヤリチン!」
ジ「なんかちげーだろそれはw」

 「マダツボミかな…」

ジ「まじでそのネタやめてwww」

る「それひっぱりすぎじゃない?www」
こ「僕好きだわ」
さ「俺も好きwww」

り「皮薄いとこって痛いよね」→←こ「ころんダョ!!!!」



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
16人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Mutk | 作成日時:2019年4月22日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。