占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:28 hit、合計:20,564 hit

100. ページ50

それから試合が再開すると、バルガのやり方に不満に思うカゼルマ達が正々堂々と勝負を持ちかけてくる。









それでもなお、アースイレブンの不利な状況はそのままだ。









攻めては守っての攻防が続いた時、先程から動いていなかったバルガが痺れを切らして動き出した。









そしてそのままアースイレブンは先制点を奪われてしまった。









葵「そんなっ……」









信「砂に潜るなんて、あんなの防げないよっ!」









それからも、相手の砂を利用したラフプレーでアースイレブンは満身創痍だった。









選手達を見れば、失敗続きで苛立っているのか仲間割れをし始めているところもあった。









そんな時、森村が声をあげた。









森「喧嘩はダメ!皆、うちの好きな仲間なの!皆優しい人なのに、イライラとか、ムカムカとか、そんなのダメっ!」









森村の言葉で皆は冷静になっていく。それを見たAは小さく微笑んだ。









『座名九郎君、この試合どう見る?』









座「私達が勝ちます」









座名九郎の言葉に信助と葵は不思議そうな顔をする。









座「ピンチの状況が、この試合には必要なんです」









葵「どういうこと?」









座「チームは追い込まれています。しかし、追い込んでいるのは敵じゃない。









黒岩監督と、Aコーチです」









葵と信助は隣にいる黒岩と立って試合を見ているAを見つめた。









座「お二人は、態と窮地に追い込んでいるのです。待っているんですよ、このチームの覚醒を」









その時、座名九郎が立ち上がった。









座「監督、私を試合に出してください」









黒岩はしばらく座名九郎を見た後、口を開いた。









黒岩「いいだろう。流れを変えてこい」









座「そう言うと思いましたよ」









Aは微笑むと、選手交代の合図を出した。









『選手交代!11番、瞬木隼人に変わって、18番、市川座名九郎!』









この交代が、勝敗を左右することとなった__________









続く。

この小説の続きへ→←99.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
55人がお気に入り
設定キーワード:イナGO , ギャラクシー編 , 豪炎寺修也
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ベルモット - 「サッカーなんてクソ食らえ 」と共に読み進めています。新シリーズでも設定が憧れます。自分もイナズマシリーズの夢小説を投稿している身なので参考にさせて頂いています。 (11月19日 17時) (レス) id: e8970a172e (このIDを非表示/違反報告)
猫宮 - キタキタ告白シーン!!!ホント更新ペース早すぎですよ梅こんぶさん!まあそれが嬉しいんですけど!!!! (11月12日 7時) (レス) id: a4825ec2c2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:梅こんぶ | 作成日時:2019年11月11日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。