占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:28 hit、合計:20,564 hit

94. ページ44

翌日、天馬が朝から奇妙な生物を連れてきた。









野「逃げないでね〜……怖くないからね〜」









野咲が手を差し出して触ろうとするもその生物は逃げ出して丁度やってきた葵の手の上に乗る。









葵「何この子?可愛い!犬かな?猫かな?」









水川「どっちも違うと思うけど」









その生物は天馬の傍に寄っていく。









葵「どこから来たのその子?」









天「目が覚めたら部屋にいたんだ」









葵「この星の生き物?」









天「わからない……」









井吹「で?どこから入り込んだんだ?」









天馬は難しい顔になって小さく呟いた。









天「夢……」









井吹「は?」









天「夢の中で見た生き物と同じなんだっ」









剣「それじゃあ、夢から出てきたってことか?」









その生物は森村の髪の毛の中にもぐったりして遊んでいる。









真「あり得ないですよ」









葵「そうかな?何があっても不思議じゃないと思うけど?」









アース「「え?」」









葵「だってここ、宇宙だもん!」









皆帆「面白い!宇宙には、僕達の想像を超える驚異が存在するってわけだ」









野「夢から出てきた生き物かぁ〜」









森「妖精みたい……」









真「じゃあ、宇宙妖精ってことですね」









野「ねぇねぇ!名前つけようよ!名前!」









鉄角「名前か……」









信「サンドリアス・ドリーム・ビースト……とか?」









野「何よそれ?長いし可愛くなーい」









皆「じゃあ、妖精という意味のピクシーはどうかな?」









森「ピクシー……」









真「ピクシー、ですか?」









野「うん!いいんじゃない!」









瞬「じゃあそれだね。ピクシー決定!」









天「ピクシーかぁ。よろしくなピクシー!」









ピクシー「ピッピクッ!」

95.→←93.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
55人がお気に入り
設定キーワード:イナGO , ギャラクシー編 , 豪炎寺修也
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ベルモット - 「サッカーなんてクソ食らえ 」と共に読み進めています。新シリーズでも設定が憧れます。自分もイナズマシリーズの夢小説を投稿している身なので参考にさせて頂いています。 (11月19日 17時) (レス) id: e8970a172e (このIDを非表示/違反報告)
猫宮 - キタキタ告白シーン!!!ホント更新ペース早すぎですよ梅こんぶさん!まあそれが嬉しいんですけど!!!! (11月12日 7時) (レス) id: a4825ec2c2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:梅こんぶ | 作成日時:2019年11月11日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。