占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:43 hit、合計:49,834 hit

22話 ページ23

貴方side

という訳で夜から兵庫県に行きます…

バスで空港まで行って飛行機でピュンって感じ
で行くがもー、私は睡魔に襲われ昏睡状態

なーなー!鈴木監督から聞ぃーた!?

Aもー聞いたよー

夜から飛行機に乗るとはおもわなかった…


俺ら相性ええんやな!

A嬉しい?

ごっつ嬉しい

Aそっか。んじゃ、
バス停ついたら連絡するから寮まで案内してね


おん

そしてかれこれ2時間経ち時間は9時を回った

そして稲荷崎高校前で降りる

貴方『着いたら連絡するって言ったじゃん』


侑「まずは優勝おめでとうぐらい言うてもええねん」

貴方『………おめでとう』

侑「Aが素直や!!!

明日は雪降るんか!?」

貴方『なによ!私でもおめでとうぐらい言うわよ!
わあっ!』

いきなり侑に手を引かれる

侑「さっ、行きましょか?女神様」

貴方『……うん』

侑は私のキャリーケースをさりげなく持ってくれる

貴方『そういえば私って男子の寮に入るの?』

侑「そうやで」

貴方『えっ、私誰かと同じ部屋?』

侑「んなわけあるかアホ

Aは俺の隣の部屋や」

貴方『うわっ、とてつもなく危なそう』

侑「何想像しとんねん!」

貴方『してないわよ!』

侑「それより烏野はどうなんや?」

貴方『んー、まぁいいメンバー揃ってるよ

セッターは侑には負けるけどトス回しは上手いし、

私ぐらいの小さな子がすっごく高く飛ぶの!

頭のいいMDもいて、リベロも優秀な人!

とっても面の悪そうな先輩なんだけど、
とっても面白い先輩もいてさ!


キャプテンとエースは頼りがいのある人なの!

マネージャの潔子さんは綺麗で美人で

本当に烏野に来てよかったって思ってる』


なんか色々語り尽くし過ぎたと思って侑の方を見ると

侑「そんな嬉しそうな顔して言われんとな〜…

まぁ、烏野に当たったらボッコボコにしたるよ」


貴方『稲荷崎はどんな感じなの?』


侑「ええチームや。まぁ主将がちと
怒らせるとヤバいんけど楽しいねん」


すると寮らしき建物を見つける

侑「ここが寮ねん」

中はホテルのようだった

階段を階段をのぼる

侑「んでここが俺の部屋で隣の部屋がAの部屋や

なんかあったら言ってや」


貴方『うん、ありがとう』


侑「どうしたしましー」

23話→←21話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (28 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
89人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー , 宮侑 , 稲荷崎
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2020年1月25日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。