占いツクール
検索窓
今日:607 hit、昨日:635 hit、合計:45,873 hit

4 ページ6

2度も家族を失った


1度目は今から5年前。
その頃の私の名前は、何だったかな


そうそう、綺羽(いろば)A。そんな名前だったな。

鬼に食われて、家族は皆死んだんだっけ
稀血だったこともあってか、みんなあっという間だったのをいやでも覚えてる


そんな時、後ろから足音がしたと思えば、鬼はすぐ切られた。その剣士の男の人はたしか、「水の呼吸」とぽつりと言っていた気がする


顔も声も、もう忘れてしまったけれど、命の恩人のその人は、年が近かったと思う。


行く宛てもなく山を降りていったら、鈴の音が聞こえた。




シャリンッ…シャリンッ…




音が近くなる方向へ進むと、炎の字が書かれた紙を顔につけてる男の人が舞っていたっけ


そこで私の意識は途切れて、気がついたら竈門を名乗る家にいた。
そこの人は皆温かく、母親であろうひとは、私も竈門を名乗っていいからねと言った


藁にもすがる思いで、私は家族だと迎え入れてくれるこの人達に甘えて、昔の家族の記憶をなかったことにしようとしていた



だが、ある日の出来事。炭治郎と共に墨を売りに山を下っていたら、嫌な予感がした。炭治郎には村で今日は泊まろうかといい、夜中に森を昇っていった


案の定嫌な予感は当たっていて、自分の家へと向かう人影が見えた。


『私の家に、なにか御用ですか』



そう男に尋ねる。恐らく20代くらいの人だろう。男は嫌な笑みを浮かべて


「君が強くなるまで待とう。この家族を君は守れるかな?」


そう告げ、再びまぶたをあけた時にはいなかった。一瞬で消えた。



その話を、村の村長に聞くと、鬼かもしれないねと言われた。その時に鬼殺隊の存在を知ったのは言うまでもない



私はその1件の後、1ヶ月もしないうちに竈門という名前を捨て、偽名を名乗って生きた。


ただ、下の名前はどうしても特別な気がして、上の名前だけ変えた


日和という名前に。



家族が2つも破壊された。しかも、竈門の家に残った微かな匂いは、夜中に竈門の家の前でたっていた、男の匂いがした



私は、強くなったのに、また家族を守れなかった

5→←3



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (49 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
159人がお気に入り
設定キーワード:冨岡義勇 , 鬼滅の刃
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

蜜香(プロフ) - みつきさん» わわわ!ありがとうございます!亀更新になるとは思いますが、頑張ります!今後ともよろしくお願いします!! (10月23日 2時) (レス) id: 2a09ab419b (このIDを非表示/違反報告)
みつき - おもろいですね応援してます。頑張って下さい (10月22日 22時) (レス) id: 07d3d3da7d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:蜜香 | 作成日時:2019年9月13日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。