占いツクール
検索窓
今日:38 hit、昨日:59 hit、合計:237,808 hit

131 ページ3

Aside



バイトが終わってから、


1番にユンギさんにカトクを送った。


Trrrrr....


するとすぐにユンギさんから電話がかかってきた。









「もしもし?」


YG「ああ、俺。」









昨日まで一緒にいたのに、


1日会ってなかっただけで久しぶりだと感じてしまう。


懐かしいユンギさんのダルそうで低い声。









YG「今帰りか?」









ユンギさんと電話しながら真っ暗の夜道を歩く。


でもやっぱり感じる後ろからの視線。









「.............」









ユンギさんと電話中ってことを忘れて


ふと後ろを振り返った。









「?!?!」









すると、さっき店を出る時にすれ違った


全身真っ黒の男性がこっちに向かって歩いてきていた。


マスクにキャップまで被ってて


怪しかったからすごく覚えていた。









YG「どした?」


「あ、いや、なんでもないです(笑)」









お客さんかな?


お家がこの辺なのかな?


あんまり深く考えすぎるのは良くないと


ユンギさんとの会話に集中する。









YG「そっちももう暗いだろ、気をつけて帰れよ。」









そのとき、ユンギさんがとの会話が


終わろうとしているのを感じた。


そしてまた後ろを振り返ると、


その男の人はまだ私の後ろを歩いていた。


(え、怖い......)









「宿舎に着くまで、電話しててもいいですか?」


YG「全然いいけど(笑)」









ユンギさんと離れたくなくて、


電話だけでも繋がってたくて、


切らないでと言った。









JM「A〜元気?何か変わったことない?」









ユンギさんは着替えに行ったみたいで、


今はジミンオッパと電話している。









「変わったことかぁ、」









後ろに怪しい男の人がいます、


って言ったら日本から飛んできてくれますか?


そんなの心配させるだけだ。









「変わったことないよ〜?日本は楽しい?」


JM「楽しいよ!最近よく来るから、第2の故郷みたい!笑」


「ははっ、私も行きたいな〜(笑)」









ジミンオッパと電話していると、


もう目の前に宿舎が見えていた。









JM「宿舎にはもう着いたの?」


「今着いたよ!」


JM「ちゃんとエントランスに入って!じゃないと心配!」


「はーい!笑」









エントランスまで来ると、セキュリティも万全で


防犯カメラもあるからね。

132→←130



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (239 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2333人がお気に入り
設定キーワード:BTS , バンタン , ユンギ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

KangOne(プロフ) - みさきさん» ありがとうございます^^ (8月18日 6時) (レス) id: 6681273a8f (このIDを非表示/違反報告)
みさき - ぎゃあああああ!!しんどいいいいい!!これからも頑張ってください♪ (8月17日 22時) (レス) id: 914cbd7f17 (このIDを非表示/違反報告)
KangOne(プロフ) - アカツキさん» もう少しお待ちください^^コメントありがとうございます!! (8月17日 19時) (レス) id: 6681273a8f (このIDを非表示/違反報告)
アカツキ - ああーーー はやくつずきがよみたいぃーーーーー! (8月17日 17時) (レス) id: ff2ed83203 (このIDを非表示/違反報告)
KangOne(プロフ) - りんごさん» ありがとうございます!励みになります!! (8月17日 13時) (レス) id: 6681273a8f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:bts.com | 作成日時:2018年8月12日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。