占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:1 hit、合計:5,616 hit

その後、一話 ページ7

「嘘.......」

「本当じゃ、全部ワシの目の前で起こったことじゃ」

「っ......」

「その後、その後はどうなったんですか!!?」

「その後は辻斬りの仲間が来て、刀を奪ったんじゃ」

「鞘、鞘はっ!」

「水色の鞘は二人の遺体の近くで踏まれてしまった」

「そんなっ......」


そんな酷いことっ

「君達は恋仲か?」

「いえ、違いますけど.....」


「後に聞いたんじゃがその二人は結婚を約束した恋仲じゃった、二人には本当に申し訳ないと思ってるんじゃ」

「そう、ですか......」

ますます悲しくなった

その後、二話→←水色の鞘、三話 柿爺視点



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
設定キーワード:夜警 , 夜間警察 , 女主   
作品ジャンル:その他, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:伊東と田中 | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/Miku0417Mi1/  
作成日時:2019年12月25日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。