占いツクール
検索窓
今日:139 hit、昨日:386 hit、合計:528,257 hit

事なき ページ22

辻「早く帰りなさい。」

章「ケチー。」

辻「ルールだからね?てゆうか、、」

ホントに出禁になりたい?って、辻川さんが章ちゃんに説教してる。

章「帰りめっちゃ寂しいの知ってる?」

辻「そうだろうけど、それとこれとは関係ないから(笑)」

章「じゃあ最後のお別れするから出ていって。」

辻「はいはい。5分ね!」

辻川さんがやれやれ、って感じで部屋から出ていった。

『仲いいね(笑)』

「あの人に色々教えてもらってんで?」

ほな帰るわ、って、葉月にキスしたあと、私にスッゴいキスして、

『んー、、(笑)お見送り行く!』

「アカンアカン!三枝が見てるかもしれんから!」

俺出たらすぐ電気消しや?って言って帰っていった。

言われた通り、章ちゃんをドアまで見送ってから、電気を消してベッドに入った。

けど、まだ21時過ぎ。
寝れないからテレビを見てたら、

♪〜

『、、あ!エリちゃん♪』

エリー 日曜日、忠義と行くね! ー

って。

(うん、待ってる!)

明日は金曜日。
お母さんが来るって言ってた。

『あ!そうだ♪』

母乳をたくさん飲んで寝てしまった葉月をベッドに寝かせて、

『おー、、可愛い♪』

章ちゃんからもらったピンヒールを、ベッドのライトのもとで履いてたら、

コンコン、、

『、、』

辻川さんだったら、ノックのあとすぐに私の名前を呼びながら入ってくるから違うし、

辻川さん以外に来る人って、、

三枝さんしかいない。

だから、そっと音を立てないようにピンヒールを脱いで、ベッドに入って目をつぶった。

カラ、、

『、、っ!』

少しドアが開いたのが分かったけど、居直られたら嫌だから寝たフリをしてたら、

「三枝さん、何してるの?」

『、、』

廊下から辻川さんの声が聞こえた。

三「いえ、別に、、」

辻「お子さんは?目を離さないで!」

三「寝てるから、、」

辻「部屋に戻りましょ?」

三「はい、、」

『、、こっわ、、』

辻川さんのおかげで事なきを得た。



翌日のお昼、

母「葉月ー!」

『Aは(笑)?』

最早私に葉月と呼び掛けるくらい孫命のお母さんと談話室で話してたら、

「こんにちは。」

『、、こんにちは。』

帰り支度を済ませた三枝さんが話しかけてきた。

母「A、どなた?」

『三枝さん。』

友達じゃないから、とりあえず名前だけ教えたら、

母「Aの母です。いつもお世話に、、」

三「酷い娘さんですね。」

挨拶しようとしたお母さんを三枝さんが責め始めた。

世界一→←成長



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (552 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3505人がお気に入り
設定キーワード:関ジャニ∞ , 安田章大
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ひよりん(プロフ) - ひなばるさん» ひよりんもワクワクしてるー!クソ女書くのたのしー(*≧∀≦*)10章出来たよー!! (11月13日 21時) (レス) id: 6d3b1b35bd (このIDを非表示/違反報告)
ひよりん(プロフ) - ゆんゆさん» 世間的には可愛いんだろうけどね、エイトには中の下なんよねー。という事で、10章行ってらっしゃいませ( ̄▽ ̄)ゞ (11月13日 21時) (レス) id: 6d3b1b35bd (このIDを非表示/違反報告)
ひよりん(プロフ) - さっちゃんさん» 移行お待たせー!せやで!(数字)やからエンドレスやで!って続くのか(汗)? (11月13日 21時) (レス) id: 6d3b1b35bd (このIDを非表示/違反報告)
ひよりん(プロフ) - ふちこさん» そう、何だかんだで章ちゃんも引き寄せ体質。ひよりんはいろんな意味で変態です。ふちこちゃん、ひよりんも大好きよ♪ (11月13日 20時) (レス) id: 6d3b1b35bd (このIDを非表示/違反報告)
ひよりん(プロフ) - みっちゃんさん» さて、誰でしょー♪ (11月13日 20時) (レス) id: 6d3b1b35bd (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ひよりん | 作成日時:2017年10月31日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。