検索窓
今日:33 hit、昨日:22 hit、合計:7,969 hit
理想の相手や願望が教室中に花を咲かせる中、隅の方で一人植物図鑑を手に取り頬を綻ばせる私は異常だったのかもしれない……



脳内の七割を占める薬草への愛の少しでも色恋物に向ければよかったと




今更になって後悔する時が来るなんて___。









これは忍術学園で日々奮闘する少女の物語









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ついに手を伸ばしてしまいました…

他作品も抱えているため更新度は亀よりも遅いと思いますが、何卒温かい眼差しで見守って下さい
m(_ _)m



※作品への批判、パクリはお断り致します。※


※他の方の作品と似ているところがあるかもしれませんが決してパクっている訳ではありません。ですがもし似てしまっていましたら申し訳ありません。※執筆状態:連載中

設定を行う場合はこちらをクリック
















test

おもしろ度の評価
  • Currently 9.85/10

点数: 9.9/10 (27 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
67人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:千夜 | 作成日時:2021年9月16日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。