占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:22 hit、合計:5,145 hit
どうも、Momijiです!普段は夢小説を書いております(*^^*)




2018/07/06から、2018/07/07にかけて、ここ広島では、とてつもない大雨が降りました。






その時に体験した、私の話を書きたいと思います。




七夕記念企画第二弾です。





こんな事、ふざけてやらないと書けません。だから、文に違和感があっても許してください。





ノンフィクションがどこまでやっていいのかわかりませんが、伝えられる所は伝えたいと思います。





※あと、Momijiは18歳と言う事です。若干設定操作が入ってますが、ご了承下さい。







そしてそして……作者は今回の事件の事から、災害に対しての注意喚起を伝えたいです。


例えどう思われてもいいので、とにかく…大切な人の事、大切だと気づいて下さい。






あと、低評価押すなら最後まで読んで下さい。

低評価押す方々には、私の事理解してもらえないでしょうね。



そもそも批判あるんでも、私が悲しんで無い訳無いでしょう?私の事を知らないのに勝手な事言わないで下さいね。傷つかないと思っているのなら良いですけど。


まぁ物事をハッキリ言う人は好きです。




ではどうぞ!執筆状態:完結



























おもしろ度の評価
  • Currently 7.15/10

点数: 7.2/10 (52 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
44人がお気に入り
設定キーワード:実話 , シリアス , 死要素   
作品ジャンル:泣ける話
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

*Momiji(プロフ) - 蒼空さん» コメントありがとうございます。そう言っていただけて嬉しいです。 (7月14日 10時) (レス) id: 9ec9ca09c8 (このIDを非表示/違反報告)
蒼空(プロフ) - いつも通り過ごせるんだよ それはおかしな事じゃなくて【普通】のだから気にするな』と言われました、だから作者様は酷く傷付いたからこそ【泣けなかった】んだと私は思います いきなりの長文失礼しました (7月14日 6時) (レス) id: 9910aa95ba (このIDを非表示/違反報告)
蒼空(プロフ) - 祖父が亡くなってもう7年くらい経ちますが1度も祖父の事を思い出して泣いた事はありません 先日、初めて母にこの事を打ち明けたら『それは本当に辛かったからだよ、人は本当に辛い時は何も感じないようにするから…だから涙も出ないし (7月14日 5時) (レス) id: 9910aa95ba (このIDを非表示/違反報告)
蒼空(プロフ) - 小さい頃、凄く可愛がってくれて大好きだった祖父が亡くなったのに何も感じずにただ親に手伝ってと言われ、私はそれを淡々とこなしていました…そんな自分が物凄く怖くて人じゃないように感じて嫌悪していました (7月14日 5時) (レス) id: 9910aa95ba (このIDを非表示/違反報告)
蒼空(プロフ) - コメント失礼します、思った事をそのまま書かせて頂きますので支離滅裂になってる部分があるかもしれませんがご了承ください、災害ではなく普通に寿命で父方の祖父が亡くなった時一切泣きませんでした 悲しいとも思いませんでした (7月14日 5時) (レス) id: 9910aa95ba (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:*Momiji | 作成日時:2018年7月7日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。