占いツクール
検索窓
今日:18 hit、昨日:95 hit、合計:3,826 hit

昨 日 起 こ っ た 恐 怖 の 出 来 事 集 ページ13

おはこんばんにちは。なおとです。今回は昨日起こった恐怖の出来事集を

ご紹介していきたいと思います。出来事集なので1個じゃないです。

最初に紹介する出来事は、【不思議な電話】です。午後の4時頃に電話が来たんです。

その時、家には俺しかいなかったので出ませんでした。そしたら、留守電入れるかと

思って誰かなと思って待ってても何も言わなくてピーという変な音がしていて

え?なになになにと怖くなってたら切ったんです。そして、また電話がかかってきて

留守電入れろやと思いながら出ないでいたら、またピーという変な音が向こうからして

めちゃくちゃ怖かったです。これが4回続きました。相手も諦めたのかその後から

電話はかかってこなくなりました。ピーという変な音は留守電の時の音じゃなかったんです。

だから、余計に怖くて怖くて仕方なかったという出来事でした。

次にご紹介する出来事は恐怖というより傷ついた話で【存在感の大きさ】です。

夜、塾があったので熱心に勉強してなんとか塾を終えて先生のかっちゃんと

と話していたら、先生のたけが来て「あ、なおといたんだ」と言ってきて

え?となるんです。絶対に気づいていたのにそんな風に言われたら傷つく。

そのたけとは約1年の仲だけど、かっちゃんとは約3ヶ月の仲。

なぜそうなったか忘れたが、たけが「なおとは俺のだもんな」的な発言して

それにかっちゃんが反応したのか「いや、なおとは私のだもん」って言って

両手で俺を包むようにガードした。やっぱ、可愛すぎるかっちゃんしか勝たん。

たけは、意地悪だし俺とは合わないから付き合いは短いけど仲良しのかっちゃん

が好きです。とりま、言いたいのはたけが意地悪で傷ついた。かっちゃんは優しい。

文字数の関係であと1個恐怖の出来事があったのですが、次のお話で話します。

俺にとって、もう1個の話の方が恐怖でしか無かったです。怖かったです。

先にその出来事で言えることは俺のことを勘違いしないでほしかった。

普通に傷ついたし、怖かったし、どうしようかと思っていました。

詳しい内容は、次のお話で語ります。少々、閲覧注意かもしれませんので

ご了承お願い致します。

お じ さ ん の 嫌 ら し い 視 線→←な お と の 過 去 を 暴 露 し ま す



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 7.1/10 (19 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
18人がお気に入り
設定キーワード:恐怖症 , 障害 , 拡散希望   
作品ジャンル:エッセイ/日記, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

雨の夜 - 大丈夫…間違えたっていいから、失敗したっていいから、なおとさんのペースで頑張ればいいんですよ! (4月18日 20時) (レス) id: 1e59db50fb (このIDを非表示/違反報告)
ぽかり@さぶ - 受験かぁ…無理しないで。 (4月17日 20時) (レス) id: 8f10f90c77 (このIDを非表示/違反報告)
きーねちゃん@隠れ家(プロフ) - 兄さん、あんま無理しちゃだめだからね! (4月17日 20時) (レス) id: f61e1ae994 (このIDを非表示/違反報告)
雨の夜 - おぉ!!遠足ですか!いいですね〜(*´ ω `*) (4月17日 14時) (レス) id: 1e59db50fb (このIDを非表示/違反報告)
雨の夜 - なおとさん頑張って!!僕はずっと待ってるよ!! (4月11日 20時) (レス) id: 1e59db50fb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:なおと | 作者ホームページ:Nо  
作成日時:2021年3月26日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。