占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:27 hit、合計:4,809 hit

第4話〜少年の行動〜 ページ7

幼少漣sibe

オレは絶滅寸前の吸血鬼

あの天使エーテル=クーマリンが来てからどんどん減っている見たいだ

"彼奴(あいつ)"のせいで仲間がいなくなっていく

それでまだ無事で亡くなってない奴を助けたい

『あははっあっっ!』

ん?何か変な高笑いが聞こえた

場所的にエーテル=クーマリンだろうか?

まさかっ!また1人亡くなるかもしれない

助けないと………







オレは急いで高笑いが聞こえた場所に行った

ここか?まぁいいドアは…………開かない

窓は…………そもそもない





なら強行突破あるのみ!





バキッッ!

よし、壊れた!

『お前っ!どこから入って来たっ!』

彼奴の言葉は無視して、人は!?…………………いた!

それも死んでない。よかった間に合った

とにかく逃げないと

「走るぞ!オレに付いてこい!」

この姉ちゃん何で走らないのか?

可笑しいだろ。死にたいのか?

そんな事を思っていると

「姉ちゃん!走れよ!死にたいのか!」

という言葉が出てきた

もしかして走れないのか?

ならこうやれば安心だな

姉ちゃん軽いな。オレでも楽々に持てるのだけど




オレは走った。そして振り返るとあの男はいなかった

オレは姉ちゃんに声をかけた

「大丈夫か?少し、落ち着いたか?」

と声をかけたら顔が上がって黄色の瞳と目があった

そしたら姉ちゃんは頷いた

「そうか……間に合って良かった」

オレは助けてよかったのと、犠牲を無くせることに嬉しく思っていた

そしたら姉ちゃんは眠いのか目がだんだん閉じていった

好きに寝てもいいからオレは

「おやすみなさい」

と言った

そしたら姉ちゃんは眠り出した









オレの行動が役になった

そしてエーテル=クーマリンは吸血鬼&人を毒で死なせていった罪で死刑になった

オレは勇気のある子供と言われた

第5話〜『許さない』〜→←第3話〜黒い光〜



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.0/10 (21 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
設定キーワード:オリジナル , 同作 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ロリコンサンダー - ロリンズさん» ありがとうございます!お互い忙しくてなかなか更新出来ませんが、更新されるまで僕達2人の小説を読んで待っていてください!! (5月8日 21時) (レス) id: 6a276d2734 (このIDを非表示/違反報告)
ロリンズ - ロリコンサンダーさん、莉愛さん、面白いです!流石ですね! (5月2日 19時) (レス) id: 4efbbddfc3 (このIDを非表示/違反報告)
ロリコンサンダー - 遅くなって申し訳ございません!お詫びに今まで以上に文才をフル活用して頑張りました!これから僕の更新が遅れてしまうかも知れません!申し訳ございませぇん!! (4月14日 1時) (レス) id: 6a276d2734 (このIDを非表示/違反報告)
莉愛(プロフ) - 此所で宣伝するけど募集企画作ったんでやってくれるとめっちゃ嬉しいです! (2月24日 9時) (レス) id: ed92431d27 (このIDを非表示/違反報告)
ロリコンサンダー - シソのさん» えへへ…///照れるなぁ…///ありがとうございます!これからも頑張ります!(莉愛ちゃん上手なんだから胸張って!) (2月13日 16時) (レス) id: 6a276d2734 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:莉愛&ロリコンサンダー | 作者ホームページ:http:  
作成日時:2018年12月29日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。