占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:46 hit、合計:18,452 hit

ちょっとクリスマスの話 ページ8

街はイルミネーションやらカップルやらで賑わっていた。
私はと言うと、一人。

別にイベントを一緒に過ごすということにこだわる訳じゃない。
でもただでさえ忙しい事が多くて一緒に休み取ったり何処かに出かけたり出来ないのにこんな日も一人はちょっと寂しい。

本当は一緒に過ごす予定だった。
午前中ちょっと用があって探偵社に行ったけど、その後は何処か行こうと思ってた。
なのにうずまきにいる最近入ったバイトの可愛い給仕さんとずっと話してるから置いてきた。
わかってる。
どうせ私はそんなに可愛くない。

貴方「……さすがに傷つくなぁ」

「何沈んだ顔してんだよ」

パッと視線を上げると私服姿の中也がいた。
いつもと違って真っ黒じゃない……。
私服お洒落で腹立つ。

貴方「暇なの?」

中也「たまたま休みなだけだ」

貴方「あっそ」

中也「何でそんな機嫌悪いんだよ」

貴方「何だっていいでしょ」

中也「太宰か」

またかと言わんばかりに言い放って自分のしていたマフラーを私に巻いた。
そういう優しさが中也のいい所。

貴方「……そう」

中也「別れちまえばいいだろ」

貴方「そうできたらいいんだけどね」

「そんな事させるわけないだろう?」

後ろから聞こえたその声に反射的に振り返ると太宰がいた。

中也「何でいんだよ」

太宰「それ私が言いたいのだけど」

中也「後から来たくせによく言うぜ」

太宰「Aがいる所に私が居ないなんて可笑しいだろう?」

中也「彼女放っといてそれか」

太宰「いいから中也は早く帰ってよね」

彼の軽口に中也ははいはいと流して帰ってった。
もう少しいてほしかったかな……。

太宰「……怒ってる?」

貴方「別に。いつもそうだもん。どうせ私は後回しだから」

太宰「ごめんね」

貴方「いいよ。別に。あの子の方が可愛いもんね」

太宰「そうじゃないよ。……Aのこと話してたんだ」

貴方「……は?」

太宰「ほら、Aあのバイトの子とよく話してるだろう?だから…」

貴方「意味分かんない」

何それ。
話すなら国木田とかにしてくれればこんなに思い悩むことなかったのに。
立ち上がって伸びをする。

太宰「え、A?」

貴方「……今日は大人しく私の言う事聞いててよね」

太宰「許してくれるの?」

貴方「そうは言ってない」

彼は何処か嬉しそうにうふふと笑って私の手を取った。

太宰「ごめんね。何処でもついて行くから」


結局許してしまう私は本当に彼が好きでしょうが無いんだ。

言わないで×7→←現在



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (68 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
185人がお気に入り
設定キーワード:文スト , 太宰治 , 紅野   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

紅野(プロフ) - モクズノドウケシさん» ありがとうございます…!掛け持ちしてるせいで更新かなり遅くなってしまいましたがここからまた頑張ります! (2019年1月5日 23時) (レス) id: b65496d137 (このIDを非表示/違反報告)
モクズノドウケシ(プロフ) - 織田さんの出した最後の正しい道……。感極まります……、続きだ。嬉しい。更新頑張って下さいね! (2019年1月5日 13時) (レス) id: fd101bcda6 (このIDを非表示/違反報告)
紅野(プロフ) - ジブリールさん» ありがとうございます!ゆっくり更新ですが頑張ります…! (2017年12月27日 13時) (レス) id: b65496d137 (このIDを非表示/違反報告)
ジブリール - 続きが凄い気になります!更新待ってますね! (2017年12月24日 22時) (レス) id: 41cfeef620 (このIDを非表示/違反報告)
味の素(プロフ) - 続きおめでとうございます!!更新がんばってください! (2017年10月9日 10時) (レス) id: d5befd4dfc (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:紅野 | 作成日時:2017年10月8日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。