占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:80 hit、合計:14,148 hit

その70 ページ43

教室に入ると、視線が一斉に私の方に向き、教室はシンと静まりかえる


私は少しドキリとしたが、気にしないようにしながら、自分の席に座る

幸い、私の席は荒らされたりしていなかった

いじめは...なさそうかな?

そう思ってホッとしたとき...


菜「篠田ちゃん」

『...菜穂』


私の隣に菜穂が座っていた

今日は一人のようだ

ちゃんと話したいって言わなきゃ


『あのね...』

菜「ごめんなさい!」

『え...?』


私の言葉を遮って、菜穂の声がする

その言葉に私は驚いた

だって、ごめんなさいって...


菜「私、気が付かなかった...篠田ちゃんにしたことって最低な事だったよ...本当にごめん」

『っ...』


私が言わなくても...気が付いてくれた...?

でも何で...


菜「実はね、昨日他の子たちに言われたの...自分勝手に人のこと振り回したり、遊んだりしてるのを見るの限界って」


そんなことが...


菜「それで、縁切ろうって言われて」

『...え』


そこまで言われたの?

そりゃ反省も何も無いわ...


『結局皆とはどうなったの?』

菜「...見てのとうり、切ったよ」


そう言って菜穂はハハッっと笑う


菜「私、彼奴らとはその程度のの友情だったから...」

『そっか...』


その程度の...か

私もそうだったのかも知れない

苦手なノリに無理矢理合わせてた....

だから本当は菜穂とだって合わないかもって思ってた

でも...


『やり直そ』

菜「えっ?」

『私たち、今からやり直そうよ。その程度の友情じゃ無くてさ、本物の友情にしよう!』

菜「っ...うん...!」


そう言うと、菜穂と私は二人で笑い合った


砂「お、仲直りしてんじゃん」


後ろから砂原の声がした

振り向くと、砂原が私たちを優しく笑いながら見ていた


『うん!』

菜「...ありがと。砂原...」


菜穂は顔を赤くしながら砂原にお礼を言っていた

きっと、砂原も何か言ってくれたんだろうな


その時、後ろのドアからアーヤが入ってきた

アーヤは私に気が付くと、「おはよう」と、言ってくれる

嬉しくなって私も「おはよ」と返す


ア「篠田さん。この間はありがとう」

『ううん。私も最後までいれなかったんだから、結局何にも出来てないよ...』

ア「そんなこと無い!篠田さんと砂原が居てくれ無かったら、私...」

菜「立花さん」


菜穂の声がした

さっきよりも少し緊張してる


菜「ごめんなさい」


菜穂はさっき私に言ったように、アーヤに謝る


文字数...

その71→←その69



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (28 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
22人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

願叶(プロフ) - 吹雪姫さん» コメントありがとうございます。高評価まで...!ホントにありがとうです! (7月27日 22時) (レス) id: a59083d6d5 (このIDを非表示/違反報告)
吹雪姫 - こんにちは!吹雪姫です♪面白いですし、気に入りました!高評価します! (7月27日 21時) (レス) id: c4455a25af (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:願叶 | 作成日時:2019年7月19日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。