占いツクール
検索窓
今日:52 hit、昨日:162 hit、合計:14,417 hit

その47 ページ16

時は経ち日曜日

そらるさんと録音をする日だ

ピンポーン

あ、来たみたいだな

そう思って玄関のドアを開けると...

『え?』

そ「よっ」

ま「お邪魔します」

なぜかまふくんが来ていた

『あ、どうぞ』

まずは二人を中に入れ、早速質問した

『あの...なんでまふくんが居るの?』

するとそらるさんが教えてくれた

なんか、曲の特徴とかをまふくんはよくつかんでるから、そういうのを教えて貰えって

親だな...あ、親か

私たちはは早速防音室に入って機材を使い始めた

そ「えっと、まずはマイクをセッティングするんだけど、このコードをこれにつなげて...」

フムフム...

そ「で、これを起動させたら次は音源を入れて...」

はぁ...

そ「で、試しにマイクに声出してみて」

そう言われたので試しに声を出してみた

『あ〜〜〜』

そ「ん。いいよ。音量もこれでいいか」

ま「準備出来ました?」

そ「OK」

そ「あ、ヘッドフォンつけて」

そう言われ、そらるさんに渡されたヘッドフォンをつける

ま「えっと、録音を始めるときは此所を押して、止めるときは此所を押したら良いよ」

『分かりました』

一気に覚えたけど、案外単純だった

これなら一人で出来るかな

ま「あ、そうだ。そらるさんと撮ってた時って、分けて録音してたの?」

『うん。そうだよね?』

そ「うん。そっちの方が後で編集しやすいし」

そう。録音の時に、〈Aメロ、Bメロ、サビ〉を分けて録音すると、後からのMixや編集がやりやすいらしい

大事だよね

ま「じゃ、1番Aメロ。テイク1いきまーす」

『お願いします』

そうして録音が始まった




ま「ここはスタッカート入ってるから、声も弾んで良いよ」

そ「そこはもう少し伸ばした方が編集したとき綺麗になると思う」

ま「ここで転調してるから、声も気を付けて」

などなど、いつもより色々言われた

でもこれも勉強だから、集中しないと...



録音が終わると、次はMix

ここからは少しずつ覚えることになったので、今回は基本の3つを覚えた

後はそらるさんに任せて、私はまふくんとリビングに

...ごめんねそらるさん



リビングに入り、まふくんに座って貰う

『わざわざありがとう』

ま「ううん。マロちゃんは妹みたいな物だから、成長を見守るって言うかさ...」

優しいなぁ

『あ、飲み物入れてきますね。お茶で良いですか?』

ま「うん。わざわざありがと」

私もまだ中学生

コーヒーとか紅茶とか、流石に家に無いんだ

今度買っておこ

その48→←その46



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (28 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
22人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

願叶(プロフ) - 吹雪姫さん» コメントありがとうございます。高評価まで...!ホントにありがとうです! (7月27日 22時) (レス) id: a59083d6d5 (このIDを非表示/違反報告)
吹雪姫 - こんにちは!吹雪姫です♪面白いですし、気に入りました!高評価します! (7月27日 21時) (レス) id: c4455a25af (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:願叶 | 作成日時:2019年7月19日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。