占いツクール
検索窓
今日:79 hit、昨日:141 hit、合計:35,329 hit

第48話 ページ3

それから、4人でモリアの元へとひたすら走っていた。


チョッパー「なぁルフィ…ウソップとサンジは下に落ちちゃったけど、置いてくのか!!?」


どうやら私だけじゃなくて、チョッパーくんも不安だったらしい。


ルフィ「おう‼大丈夫だあいつらは‼」


前を向いたままキッパリと答えたルフィは、当たり前と言えば当たり前だけど、仲間を完全に信じているようだ。



ルフィ「とにかくおれ達はモリアが移動しねェうちに、あのデカらっきょ見つけてぶっ飛ばすんだ!!!」


チョッパー「___わかった、それが一番の解決の近道だもんな!」


うん、と頷いたチョッパーくん。心なしか、さっきよりも足取りがしっかりしてきた気がする。


すると、今まで燭台や絵画ぐらいしか置いてなかった廊下に大きな入り口が見えてきた。



チョッパー「その入口がルフィ達が影を取られたダンスホールだよ‼ そしてその奥にある冷凍室でおれ達は最後にモリアを見た!」


貴「あそこね…」


ルフィ「よし‼」



スピードを落とさず廊下を右に曲がり、そのままの勢いで部屋に入る。



白黒のタイル、奥には冷凍室に繋がりそうな扉。

中央にはモリアが座っていた巨大なソファ。

壁や柱には金の細かい装飾が施され、上品な部屋。


覚えている、確かにこの部屋で私達は影を奪われた。


隣でチョッパーくんが声を小さく上げたのがわかった。



ホグバック「うおっ‼貴様ら!!!ペローナにやられなかったのか⁉」


チョッパー「ホグバック…!!!」



部屋にモリアはいなかったが、ホグバックとシンドリーちゃんとか言うゾンビ、それから…
人、というかもはやゴリラみたいな体にお世辞にも可愛いとは言えない、イカツイうさぎの顔が乗ったゾンビ…つまり私の影が入っているであろうゾンビがいた。



ルフィ「ブッサイクだなァ、あのゴリラうさぎ…あれ、Aのゾンビだろ?」


チョッパー「うん、そうだ」



ブサイクと言われたあのゴリラうさぎは酷くショックを受けてよよよ…と崩れ落ちていた。


影を入れられたゾンビは本人に似ると言われたけど…ルフィの言葉に弱いというのは確かにそっくりだ。



ルフィ「そういやコイツ、モリアと一緒にいた奴だな‼コイツもぶっ飛ばしたらいいのか!!?」


ホグバック「ちょ…ちょちょ待て‼」

第49話→←第47話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (193 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1280人がお気に入り
設定キーワード:ONEPIECE , ワンピース , ルフィ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

藍色(プロフ) - れさん» プロフの方に詳細について送りましたので確認してもらえたらと思います! (5月20日 20時) (レス) id: 29bb7cf916 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - ありがとうございます!( ;__;)夢絵できたのですがどうやって送ればいいでしょうか、、?リンク貼ってでいいですかね、、!? (5月18日 22時) (レス) id: 7701c78eca (このIDを非表示/違反報告)
藍色(プロフ) - れさん» 本当ですか!?ありがとうございますっっ!!!(泣)描いて貰うのって初めてですっごい嬉しいです!お願いします!!!更新頑張りますね!! (5月5日 18時) (レス) id: 29bb7cf916 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 更新ありがとうございます!( ;__;)大好きです!良ければ夢主ちゃん描いてもよろしいでしょうか、、! (5月5日 14時) (レス) id: 7701c78eca (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - すっごいおもしろいです!これからも楽しみにしてます、、!更新頑張ってください!!応援しています! (4月23日 13時) (レス) id: 7701c78eca (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:藍色 | 作成日時:2020年3月1日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。