占いツクール
検索窓
今日:23 hit、昨日:13 hit、合計:85,937 hit

・ また ページ9

.





・知念side





『って事があったんだよ。』





そうなんだ。とも何も上手く言えなくてその場が静まり返ってしまいAは困ったように笑いビールを飲んだ。




その静寂を破ったのは他の誰でもない涼介だった。




山田「……で?」


『え?』





涼介の冷たい声が個室に響いてAの戸惑った声も響く。





山田「まさかまだ玉森くんのこと好きとか言わないよね?」


『そんなわけないじゃん!何急に』





何よってクスクス笑うAに嘘偽りはなさそうに見える。





山田「いや今共演してんじゃん。好きが再発したとか言って熱愛とか出されたら困るわけよ。」


『……分かってるよ』





涼介のキツい言葉にAは頬を引き攣らせて苦笑して下を向く。





山田「ただでさえ今記者とかやばいんだから狙われやすいの。

Aが女ってだけで狙われるんだから気を付けろよ?」


『わ、かってる』





ムッと眉間に皺を寄せて肯定したAに追い打ちをかけるかのように涼介が捲し上げるから流石に焦った。





山田「今こんな大事な時期で熱愛とか言ってJUMPの印象落ちたらまじ許さないから。

……ま、Aなら慶応行ってたし頭いいからわかると思うからそういうことはしないって知ってるけどね。

それにこの前のラジオでも言ってたもんな。

だから…一応、忠告的な?(笑)」





Aの表情がかっちりとかたくなったの気が付いて慌てて涼介を止める。





知念「ちょっと涼介、今のは言い過ぎだよ」


山田「別に。ちょっと言っただけじゃん。Aも馬鹿じゃないんだからわかるっしょ。それに芸能人としての自覚とか色々足りないんじゃん?って思ったから言っただけ。」


知念「でも今のは言い過ぎだよ。」


山田「あーもう、どうせそんなん鵜呑みにするような奴じゃねぇじゃん。」


知念「涼介!」


山田「トイレ行ってくる」





頭をガシガシして出て行ってしまった涼介の後ろ姿をAは寂しそうに見つめる。



重すぎる空気に耐えられなくなった僕は、





知念「はぁ……A、気にしなくていいからね?」


『大丈夫だよ。涼介が言ってる事は正論だし間違ってないから。

それに、ちゃんと理解してるから。』


知念「A…」





その場の雰囲気を変えようとしても、何も出来なかった。




ケラケラと笑い飛ばしたAの方が何十倍も大人だってことに今更気付かされた。






.

・ 帰国→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (132 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
340人がお気に入り
設定キーワード:GENERATIONS , 片寄涼太 , ジャニーズ紅一点   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

キラあや - 宿題多いですよねー。いつも、この作品とコードブルーの方を見ています!これからも頑張ってください (3月27日 18時) (レス) id: bf70448eda (このIDを非表示/違反報告)
こじゃる(プロフ) - 勉強頑張ってください(^^)更新楽しみにしてます。 (3月25日 22時) (レス) id: b88061f789 (このIDを非表示/違反報告)
まる(プロフ) - 凄く面白いです!更新頑張ってください!! (3月17日 19時) (レス) id: b405e68e09 (このIDを非表示/違反報告)
美紀 - 作者さん移行おめでとうですこの小説最高です (3月17日 18時) (レス) id: 39e38305d9 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ラベン | 作成日時:2018年3月17日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。