占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:243 hit、合計:103,813 hit

30日目 デート ページ40

あっという間に、時間は過ぎていった。

ゲームセンターで遊んだり、ご飯食べたりブラブラしたり…

北さんの意外な一面を沢山見れた。

食べるのが凄い綺麗な北さんだけど、ハンバーガーはあまり食べなれてなくて食べるのが下手だったり。

UFOキャッチャーは絶対景品取れなかったり。

北さんを知れてほんとに楽しかった


そして、今は海近くをブラブラしている。

夕日が当たり海は薄い赤色になっていた。

それが時間には限りがある、と静かに言っているようで少し寂しくなった

「柘榴、あれ乗らへん?」

北さんの言う「あれ」は、視界に入っている観覧車

『良いですね、乗りましょ!』

北さんが観覧車に乗るとか、少し意外だなんて思う。

「…今、意外や思ったやろ」

北さんに軽くジト目で見られる。

『え、なんで分かったんですか』

「顔に出やすいねん。」

成程。

「それに、俺か高校生っぽい事くらいしたいねん」

悪戯っ子のように笑う北さん。

そんな笑い方滅多にしないのに。

心の臓から偉い音が聞こえそうな気がした。


少し歩けば、もう観覧車の受付まで来ていた。

2人分の代金を払うおうとする北さんを必死に止めたけど、俺が乗りたい言うたんやし払わせて、と言われてしまった。



夕日も落ち、空が暗くなり始めた

観覧車の中は2人しか乗らないから少し広く感じた。

向かい合って座っているからか少し緊張する。

いつもはそんなにしないのに。

『なんか、こうしてるとデートみたい』

思わず本音が零れてしまった。

北さんは少し驚いたように私を見た

「…これ、デートやなかったん?」

首を傾げそう聞いてくる。え、これデートだったの?


『や、デート…ですね、多分』

自分の中で薄々思っていた事を改めて口に出しそう認識すると、急に頬が赤くなるのを感じた。

それからも少し静かな時間ができ、お互い夜景を見る

観覧車から見る景色はどこか新鮮だった。

30日目 観覧車→←30日目



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (125 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
356人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー , 稲荷崎 , 北信介
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆり(プロフ) - 結衣さん» お名前被ってましたか…!?読みづらかったらごめんなさい…!ミスタードーナツ隙なしは完全に誤字です!!指摘ありがとうございます! (5月18日 22時) (レス) id: 43b608d7b2 (このIDを非表示/違反報告)
ゆり(プロフ) - ワダさん» 名前一緒でしたか…!?凄い偶然ですね笑もし小説読みづらかったらごめんなさい…! (5月18日 22時) (レス) id: 43b608d7b2 (このIDを非表示/違反報告)
結衣 - はじめまして、友人の名前が自分の名前と被っててドキッとしました笑 ページ31にミスタードーナツ隙なしは誤字ですか? (5月18日 19時) (レス) id: 54bda65750 (このIDを非表示/違反報告)
ワダ(プロフ) - 途中に出てくる咲希ちゃん、名前一緒でびっくりしました笑笑 (5月8日 21時) (レス) id: 24a14ce40a (このIDを非表示/違反報告)
ゆり(プロフ) - ひなたさん» コメントありがとうございます!私自身は東京在住なのでハーバーランド実際に行ってる方に見てもらえて嬉しいです!北さんスパダリです!! (4月9日 15時) (レス) id: 43b608d7b2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆり
作成日時:2020年3月31日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。