占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:25 hit、合計:112,658 hit

ページ18

「俺の自己満足。Aには悪いけど告白出来て良かった。」



「悪い、なんて・・・、」



「出来れば前みたいな関係に戻ってくれたら嬉しい。いい?」





上目遣いで気まずそうに言う玉森は
なんていうかどうしたらいいんだろうっていうくらい可愛くて愛おしくて。




・・・感情の行き場に困る。




だって、ずっと恋愛感情なんてなくて
今回告白された事で初めて男の人として意識して・・・



玉森のかっこいい所、私を見る熱い目とか優しさとか改めて感じたりとか、柔らかい話口調がどこか今までと違って聞こえたりとか



明らかに私は玉森の男としての魅力に気付きはじめた所だったんだから。




でも、私はやっぱり太輔を選んだ。





「玉森っ、ありがと!前みたいに接してくれるならこれ以上の事はないよっ。」




玉森の気持ちが嬉しくて
泣きそうになるのを我慢して精一杯明るく微笑む。




そんな私を伺うように見てた玉森が
心底ほっとしたように




「あーーっ、良かった。マジで。」




大きく息を吐いて横の壁にもたれてる。





「・・・ありがと、A。」




脱力したまんま、柔らかく見つめられて
私もありがと、って小さく返事をした。




そこでちょうど頼んでたA定食が私達二人のテーブルに置かれる。




「あんた達っ、いつもと様子違うから持って行きにくいったら、」




顔なじみの威勢のいい定食屋のおばちゃんが
見た事ないような控えめな態度でお盆をもう一つ静かに置いた。




「ごめんごめん、俺、今振られちゃってさ?でも次はちゃーんと、今までみたいな二人で来るから。今日は勘弁して?」



「あら、やっぱりそんな感じ?やだねぇ、こんな男前振るなんて、お姉さんも隅に置けないねぇ、」



「だよね、おばちゃん、もっと言って?」
「玉森っ、」




あははっと豪快に笑って戻って行ったおばちゃんを尻目に玉森の調子の良さにため息。





「今度ここ来る時は二階堂も誘お。いつもの俺達で来よう。」



よし、食べよ、と割り箸を割る玉森。



・・・ニカも、元通りに接してくれるだろうか。
玉森の事でほっとしたのも束の間、
ニカにも伝えなきゃ、と思うといつもの定食が喉を通らなかった。



※→←※



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (312 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1374人がお気に入り
設定キーワード:藤ヶ谷太輔 , 二階堂高嗣 , Kis-My-Ft2   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Haru(プロフ) - moraさん» そうよ、北山さんにどれだけ肩入れすんだっていう北山担(笑)だから北山エンドを書くまでは私はこのお話しを書き進めなければいけないのだー(笑)待っててー(笑) (11月7日 10時) (レス) id: 476aea9d9a (このIDを非表示/違反報告)
Haru(プロフ) - まきこさん» えー!全部お星様付けて貰っても全然嬉しい(笑)ニカちゃんらしさ出たかなーって自己満してる(笑)次は玉ちゃんらしさ。。一番苦手な分野ですが頑張ってみまっす!! (11月7日 10時) (レス) id: 476aea9d9a (このIDを非表示/違反報告)
mora(プロフ) - ニカちゃんエンドおつかれさまでしたー!にかちゃんの話なのに北山さんが振られるシーンに、きゃー!きたやまさーん!ってなってごめんなさい。生粋の北山担すぎますね。あ、わたしもまったく飽きてないので、玉ちゃんももちろん、北山さんなんて心の底から待ってまーす (11月6日 23時) (レス) id: daf44fdab0 (このIDを非表示/違反報告)
まきこ(プロフ) - え、、全部にお星様つけたい場合はどうしたらいいですか??ニカちゃんエンドもすごく良かったです〜!偉そうなのに不安そうなニカちゃん、めちゃくちゃ想像できます!ちなみに私はまったく飽きてないので、玉ちゃんみっくんものんびり待ってまーす(*^^*) (11月6日 22時) (レス) id: cfbbd37a93 (このIDを非表示/違反報告)
Haru(プロフ) - まきこさん» えー?ほんとに?(笑)ページいっぱいイチャイチャ。超苦手な分野だけど頑張ってみます(笑) (9月21日 15時) (レス) id: 476aea9d9a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Haru | 作成日時:2019年7月28日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。