占いツクール
検索窓
今日:122 hit、昨日:613 hit、合計:35,353 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [連載中]

色々なことを知った。

自分のために作られた料理の美味しさを。

姉のように自分を抱きしめてくれた時の幸福を。

兄のように厳しくも優しい手が頭を撫でる時の安心を。

友のように手を引いて私に楽しさを教えてくれるあの笑顔を。

私を大事だと言うあの手のあたたかさを。

私を海に連れ出して自由をくれたあの人の存在を。

知らなかった頃にはもう、戻れない。


*********************
「月が綺麗だと、そう言って」続編です!

第1幕はこちら(http://uranai.nosv.org/u.php/novel/amarchuwhi2/)

第2幕は主人公ちゃんの過去や隠されたことについて色々事件が!!

まだまだ文章力も低いですが、がんばります!
応援してくれた方々、お気に入りや評価をして下さった方々ありがとうございます!
今後とも「月が綺麗だと、そう言って」をよろしくお願いします!執筆状態:続編あり(連載中)

設定を行う場合はこちらをクリック















































test

おもしろ度の評価
  • Currently 9.33/10

点数: 9.3/10 (21 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
32人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:かみつれ | 作成日時:2020年5月22日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。