占いツクール
検索窓
今日:202 hit、昨日:1,529 hit、合計:445,455 hit

** ページ12

鬼が目覚めて何かを言っているが炭治郎は聞こえていない。やがて太陽の光が差し込んできた。

炭治郎「モタモタしていたら夜が空けてしまった……」

鬼「ギャアッギャアアアギィャアア!」

鬼が日光を浴びて灰となる。炭治郎は思わず口に手を当てた。そして決心した。禰豆子を絶対に日の元に出さないと。禰豆子は既にお堂の中で籠の中に隠れている。鱗滝は鬼によって亡くなった者達を埋葬して手を合わせていた。

鱗滝「儂は鱗滝左近次だ。義勇の紹介はお前で間違えないな?」

炭治郎「は、はい。竈門炭治郎といいます。妹は禰豆子で……」

鱗滝「炭治郎、妹が人を喰った時お前はどうする」

炭治郎の思考回路が全て止まった。何せ炭治郎は禰豆子が人を喰うなど考えてもいなかったからだ。遠くから見ていた縁は炭治郎が何も言えないと悟った。鱗滝は炭治郎の頬を叩く。

鱗滝「判断が遅い。お前はとにかく判断が遅い。朝になるまで鬼に止めを刺せなかった。今の質問に間髪入れず答えられなかったのは何故か?お前の覚悟が甘いからだ。妹が人を喰った時やるのことは二つ。妹を殺す。お前は腹を切って死ぬ。鬼になった妹を連れて行くというのはそういうことだ」

鱗滝のきつい言葉が炭治郎の耳に入る。だが、それが現実だ。否定することはできない。人を喰ったら抗うことができない事実。

鱗滝「しかしこれは絶対にあってはならないと肝に銘じておけ。罪なき人の命をお前の妹が奪う。それだけは絶対にあってはならない。儂の言っていることがわかるか」

炭治郎「はい!」

鱗滝「……では、これからお前が鬼殺の剣士としてふさわしいかどうか試す。妹が背負ってついて来い」

鱗滝は普通の老人ではありえない速さで走っていく。炭治郎は急いで禰豆子の入っている籠を背負うと走り出す。

炭治郎(速い!この人は一体何歳なんだ。それとやっぱり全く足音がしない!禰豆子揺れるだろうが辛抱してくれ!ああ、辛抱ばかりだったな。禰豆子お前は……きっと人間に戻してやるから。きっといつか綺麗な着物を買ってやる」

ようやく着いたのは木でできている小屋。炭治郎は小屋の前で崩れ落ちて息を整える。

炭治郎「こっこれで俺はっ認めてもらえましたか?」

鱗滝「試すのは今からだ。山に登る」

炭治郎は禰豆子を小屋に寝かすと鱗滝と霧が立ち上る山を登る。山頂ら辺まで行くと鱗滝が振り返って炭治郎を見る。

鱗滝「こここら山の麓の家まで下りてくること。今度は夜明けまで待たない」

***→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (161 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
602人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 男主 , 筆柱シリーズ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

神夜の羽織(プロフ) - ありがとうございます。一日でも早く公開できるように頑張りますので待っていて欲しいです。 (2月17日 0時) (レス) id: d57f708b28 (このIDを非表示/違反報告)
蝶姫(プロフ) - そうなんですね。すみません。書かれている小説は、どれも楽しみにしているので、刀剣もまた再開楽しみにしております。ありがとうございました。 (2月17日 0時) (レス) id: bc719e5d97 (このIDを非表示/違反報告)
神夜の羽織(プロフ) - 刀剣乱舞の方は一から確認しているので三月頃に公開予定です。本当に申し訳ございません。 (2月16日 21時) (レス) id: d57f708b28 (このIDを非表示/違反報告)
蝶姫(プロフ) - 鬼滅は見れますが、刀剣はパスワードが掛かっていて見れません。 (2月16日 19時) (レス) id: bc719e5d97 (このIDを非表示/違反報告)
神夜の羽織(プロフ) - もしかして見れませんか?全てに公開にしたはずなんですけど。もし見れなかったら教えてください (2月16日 15時) (レス) id: d57f708b28 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:神夜の羽織 | 作成日時:2019年10月15日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。