占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:1 hit、合計:731 hit

15 ページ13

sho





帰っているものの・・・




会話が続かない。







なのに




「「あのっ/あのさ」」





かぶって言ってしまう。






「「どうぞ」」






これもハモるか?普通。





「あ、じゃあ俺から








あのさ、俺のこと紫耀って呼んでくれない?」





「えっ・・・?」







「でも・・・皆平野くんって呼んでるよね?」







「ま、そやけど


春愛ちゃんは特別。」





「あ、そだ。でも平野くん・・・








彼女だけが呼び捨てで呼んでほしいんだよね?



ごめんね、会話勝手に聞いちゃって」





まじか。聞かれてた






「あ、え、あ・・・」





もうええわ!!!自爆する。






「じゃあ、春愛ちゃんが彼女になって?」






「え?」







「春愛ちゃんが好きってこと。」






「え・・・っと・・・あの、あ・・・」







「いいよ?ゆっくりで」






「わ、私もっ・・・



平野くんのこと好きでした。」





「じゃあ、付き合お?」








コクッ))






「ありがと、春愛ちゃん」







「じゃあこれからは平野くんじゃなくて
しょ、紫耀って呼ばなきゃだね」






「おん、俺もこれからは春愛呼びかな?」







「そだね。その方が嬉しい・・・」







可愛ええ♡






「ね、抱きしめてもいい?」







「え・・・」





フワッ))




「春愛、好きだよ」






「紫耀・・・私も」







2人の間に暖かい時間が流れる。





そして、紫耀の顔が斜めに近づき・・・







触れるだけのキスをする・・・









ホントに、君が好き

16→←14



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (3 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
6人がお気に入り
設定キーワード:平野紫耀 , 永瀬廉
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:みるふぃーゆ | 作成日時:2017年10月4日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。