検索窓
今日:10 hit、昨日:28 hit、合計:205,102 hit

3話 ページ4

貴「あっ、す、すみません!ありがとうございま…す…っ!?」

?「おう。外雨降ってて滑りやすいから気ぃ付けろよ」

後ろを振り向くとビックリ仰天。とんでもなく整った美顔のイケメンが私の体を支えてくれていた。

……私、幼少期からずっとここの病院にお世話になってるけれど、こんなにイケメンな人を見るのは生まれて初めてかもしれない。髪色も赤と白の珍しいツートーンで、触ったら何かご利益とかありそうな感じだ。

?「…?俺の顔に何か付いてるか?」

貴「ほわぁ!?い、いえっ、ナンデモアリマセン!じゃあ私はこれで…」

?「悪ぃ。俺もそのエレベーター乗りてぇんだ」


…ひぇえ…。

イケメンさんを見つめすぎた上にまさかエレベーターもご一緒してしまうことになるとは…。もしかして、誰かのお見舞いに来たのだろうか。

うわぁ…てか、無言が辛い。何でこんな時に限って最上階にいるのエレベーター。早く来てくれ。

?「…なぁ、お前も誰かの見舞いか?」

貴「…へ?」

この気まずい無言の空気を終わらせたのは意外にも彼であったけれど、まさかこの人、天然も入っているのだろうか。明らかに外着じゃなく寝巻きにも使えるTシャツとズボンを着ているんだけどな、私。

後、「も」ってことはやはりこの人、誰かしらのお見舞いをしにやって来ていたらしい。

貴「…や、私はこの病院に入院している者でして…」

?「…そうか」

だからこの空気どうにかしてくれ〜〜!!病院では叫べないので心の中で思いっきり叫ぶ。自分の病室がある階に着いたらすぐに逃げよう!そう心の中で自己完結すればやっとエレベーターが止まってくれた。

4話→←2話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (106 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
268人がお気に入り
設定タグ:僕のヒーローアカデミア , ヒロアカ , 轟焦凍   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

レーズン(プロフ) - 雨色の水滴さん» コメント、応援ありがとうございます!私にしては珍しくギャグじゃないのでおかしくないか不安だったんですが、感動しましたとその言葉で嬉しくてつい顔がニヤけてしまいました…←これからもどうか宜しくお願いします! (2021年8月22日 11時) (レス) id: ec6c9ca54e (このIDを非表示/違反報告)
雨色の水滴 - めっちゃ感動しました!!応援してます!! (2021年8月22日 0時) (レス) id: 5a0f0dfb22 (このIDを非表示/違反報告)
レーズン(プロフ) - 名無し35021号さん» コメントありがとうございます!深夜テンションとかいうノリで出したのですが温かいコメントでめちゃくちゃ励みになりました!時間が許す限り更新していくので、これからもこの作品を宜しくお願いします! (2021年8月21日 21時) (レス) id: ec6c9ca54e (このIDを非表示/違反報告)
名無し35021号(プロフ) - 初コメ失礼します。もうめちゃくちゃ感動します!続きが楽しみになるような作品で面白いです!これから無理しない程度に頑張ってください!応援してます。 (2021年8月21日 18時) (レス) id: b931d3e819 (このIDを非表示/違反報告)
レーズン(プロフ) - あかりさん» コメントありがとうございます!うわあああそう言って頂けると凄く励みになりますっ!最近中々出歩けないですからね…(泣)お知らせでも言いましたが時間が許す限り更新していくので、これからもこの作品を宜しくお願いします! (2021年8月21日 16時) (レス) id: ec6c9ca54e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:レーズン | 作成日時:2021年8月21日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。