検索窓
今日:43 hit、昨日:141 hit、合計:205,420 hit

28話(焦凍side) ページ30

姉とは違って妹は色んなことをペラペラ喋るタイプのようで、Aの目が覚めるまで色んな話を聞いた。中には平和とは呼べない家族関係まで聞いてしまい大丈夫なのだろうかと思ったが、「姉には喋ったの内緒にしといてね」と言われた辺りダメっぽいからここだけの話にしておいた。母はAと同じく病弱だったため自分たちが小さい頃に他界し、父は単身赴任中の仕事好き人間だから家に帰ってくることは滅多にないとか。なるほど、どうりでコイツらの両親らしき人物と顔を合わせたことがないわけだ。

だが、さすがに酷すぎる。子供がこんな状態なのにコイツらの父親はどこで何やってるんだ。

ふつふつ湧き出る怒りに自然とAの手を握る力が強まる。刹那、Aの手が俺の手を握り返してきた。

焦「…っ、A!」

妹「お姉ちゃん!?」

貴「…んん…?あれ、私…ここは…」

焦「気が付いたか?ここは病院だ。突然倒れて運ばれたんだぞ」

まだ完全に覚醒しきってないのか、舌足らずな口調で辺りを見渡している。

貴「しょうと、くん?…と、いもう、ぐぇ!?」

妹「こんのバカ姉!!私がっ、どれほど心配したと思ってんの!?」

そしてAの目が覚めたことによって妹が上に覆いかぶさった。

貴「…心配かけてごめんね」

妹「バカ!ほんっとバカ!!……目を覚ましてくれて、本当に良かった……っ」

焦「……取り敢えず目が覚めたなら先生を呼ぼう」

ナースコールを押してAの目が覚めたことを知らせると、数人の看護師と医師がすぐに病室へやってきた。どうやらこの医師がAの小さい頃からの主治医らしい。

29話(焦凍side)→←27話(焦凍side)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (106 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
271人がお気に入り
設定タグ:僕のヒーローアカデミア , ヒロアカ , 轟焦凍   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

レーズン(プロフ) - 雨色の水滴さん» コメント、応援ありがとうございます!私にしては珍しくギャグじゃないのでおかしくないか不安だったんですが、感動しましたとその言葉で嬉しくてつい顔がニヤけてしまいました…←これからもどうか宜しくお願いします! (2021年8月22日 11時) (レス) id: ec6c9ca54e (このIDを非表示/違反報告)
雨色の水滴 - めっちゃ感動しました!!応援してます!! (2021年8月22日 0時) (レス) id: 5a0f0dfb22 (このIDを非表示/違反報告)
レーズン(プロフ) - 名無し35021号さん» コメントありがとうございます!深夜テンションとかいうノリで出したのですが温かいコメントでめちゃくちゃ励みになりました!時間が許す限り更新していくので、これからもこの作品を宜しくお願いします! (2021年8月21日 21時) (レス) id: ec6c9ca54e (このIDを非表示/違反報告)
名無し35021号(プロフ) - 初コメ失礼します。もうめちゃくちゃ感動します!続きが楽しみになるような作品で面白いです!これから無理しない程度に頑張ってください!応援してます。 (2021年8月21日 18時) (レス) id: b931d3e819 (このIDを非表示/違反報告)
レーズン(プロフ) - あかりさん» コメントありがとうございます!うわあああそう言って頂けると凄く励みになりますっ!最近中々出歩けないですからね…(泣)お知らせでも言いましたが時間が許す限り更新していくので、これからもこの作品を宜しくお願いします! (2021年8月21日 16時) (レス) id: ec6c9ca54e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:レーズン | 作成日時:2021年8月21日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。