検索窓
今日:43 hit、昨日:141 hit、合計:205,420 hit

14話 ページ15

誰かが友達だよと言って仲良くなろうとしてくれても、病弱な私が復帰して久しぶりに登校する時には皆口を揃えてこう言うのだ。

《Aちゃんと仲良くなっても全然遊べないから楽しくない》と。

そう言わせてしまうこの体質が嫌で、いつからか私は孤立を選んで"友達"を作れなくなってしまった。出来てもどうせすぐ体調を崩せば皆離れていってしまうんだから。だから冬美ちゃんや冷さん、年下のちびっ子たちが唯一の心の支えだった。

貴「…私と友達になっても面白くないよ?何なら病院が第二の自宅みたいになってるような人だし…」

焦「友達っつーのは面白いかどうかで決めるようなもんじゃねぇだろ。確かにお前は限られた範囲でしか動けないかもしれねぇが、こうして世間話をしたり一緒に絵を描いたりするだけでも十分楽しめる。

俺は好きだぞ、Aが描く絵」

出「…僕も、今日色々君と話してみて思ったんだ。多分、友達ってなりたいと思った瞬間から友達なんじゃないかなって。Aちゃんが迷惑じゃなかったら、これからもこうしてお話したいな!」

私に同級生の友達がいなかったのは、折角仲良くなっても離れていってしまうのが辛くて、辛い思いをするくらいならいらないって孤立を選んでしまったから。でも、目の前の人たちはこんな私に手を差し伸べてくれている。

これが、ヒーローになる者の本質。…いや、二人の人柄なんだろう。

貴「信じて良いんだよね…?また捨てられたりしないよね…?」

出「うんっ!それに僕、君のことをもっと知りたいんだ!絵だってまだ見たことないしね。だからさ、行こうよ!海!」

焦「当日は迎えに行くから住所教えてくれ」

焦凍くんはもう私を連れて行く気満々だ…。

ひょんなことから二人の雄英生に出会った私はこの日、個性的な"友人"に誘われ海に行くことを決めた。

15話→←13話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (106 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
271人がお気に入り
設定タグ:僕のヒーローアカデミア , ヒロアカ , 轟焦凍   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

レーズン(プロフ) - 雨色の水滴さん» コメント、応援ありがとうございます!私にしては珍しくギャグじゃないのでおかしくないか不安だったんですが、感動しましたとその言葉で嬉しくてつい顔がニヤけてしまいました…←これからもどうか宜しくお願いします! (2021年8月22日 11時) (レス) id: ec6c9ca54e (このIDを非表示/違反報告)
雨色の水滴 - めっちゃ感動しました!!応援してます!! (2021年8月22日 0時) (レス) id: 5a0f0dfb22 (このIDを非表示/違反報告)
レーズン(プロフ) - 名無し35021号さん» コメントありがとうございます!深夜テンションとかいうノリで出したのですが温かいコメントでめちゃくちゃ励みになりました!時間が許す限り更新していくので、これからもこの作品を宜しくお願いします! (2021年8月21日 21時) (レス) id: ec6c9ca54e (このIDを非表示/違反報告)
名無し35021号(プロフ) - 初コメ失礼します。もうめちゃくちゃ感動します!続きが楽しみになるような作品で面白いです!これから無理しない程度に頑張ってください!応援してます。 (2021年8月21日 18時) (レス) id: b931d3e819 (このIDを非表示/違反報告)
レーズン(プロフ) - あかりさん» コメントありがとうございます!うわあああそう言って頂けると凄く励みになりますっ!最近中々出歩けないですからね…(泣)お知らせでも言いましたが時間が許す限り更新していくので、これからもこの作品を宜しくお願いします! (2021年8月21日 16時) (レス) id: ec6c9ca54e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:レーズン | 作成日時:2021年8月21日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。