占いツクール
検索窓
今日:10 hit、昨日:1 hit、合計:65 hit
あの日私は、ある屋敷に招待(呼び出)された。



送り主は不明。


場所は、昔、お父様が買った古い屋敷。



その屋敷には、都市伝説があって、



【夜中の0:00〜3:00の間にだけ、ある吸血鬼が姿を現す】



この都市伝説があったから、誰も買おうとしなかったんだけど



お父様の好奇心で、その屋敷は家の物に、




夏の1ヵ月だけ、そこに住んでたんだけど、




不可解なことが次々と、起こったの、






____________________________________________

どうも作者デス。

いつもは、ドロドロ、甘々のBLですが、
今回は、割と純粋なラブストーリーです。

Dye D?
をイメージして書きました。

↓が設定です


わたし=お嬢様=人間

(屋敷の)執事=吸血鬼


こんな感じです。
((分かりずらくてすいません...



では参ります!執筆状態:連載中





おもしろ度の評価
  • Currently 0.00/10

点数: 0.0/10 (0 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作成日時:2017年9月14日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。