占いツクール
検索窓
今日:49 hit、昨日:189 hit、合計:2,795 hit

ページ9

【過去】
とある大企業に入社したはいいものの、上手く働けずクビの危機にあった。そんな時に会議室に呼び出され「とうとうクビか……」と項垂れていると、そこにいたのは同じく呼び出されたらしい男。「営業課の狂人」と悪名高い同期の男、鷹岡勤だった。彼は営業に言った先々で、パワハラやセクハラ、賄賂などの悪事があればその場で摘発、その場の空気と会社同士の関係を破壊にして帰ってくる男だった。
「二人まとめてクビか」と思っていたら来たのは、人事部の人間ではなく社長。そしてその社長に言われたのは、「孫娘が消えた。『いた』はずなのに」「それを探す組織を作る。お前達はそこで働け」と。社長に孫娘がいたなど、とんと聞いたことがなかった。しかし明日から無職になるのと社長の無茶ぶりに乗るのを比べたら、どう考えても後者の方がいい。そうして、鷹岡勤と二人で「紫苑探偵事務所」を設立する。二人が27歳の秋のことだ。所長は鷹岡。「俺が初代!」と奴は事務所の壁にダブルピースの写真を飾った。
それからいろいろ調査を続けた結果、「忘失刑」のことだと特定出来たのが39歳の春。その頃から、徐々に「自分だけしか覚えていない人がいる」という人々が徐々に事務所へ所員として集まりだす。
そして53歳の夏。盆休みの最終日。鷹岡からメールが届いた。「休み明け、楽しみにしてろよ」
ーーしかし、休み明けに彼は来なかった。体調でも崩したのだろうかーーそうメールを送ろうとすると、彼のメールアドレスは存在しないものとなっていた。電話。全く知らない女の声。住所。ーー空き家!
もしや、と彼は翌日所員に聞いた。「最後に所長と会った者はいるか?」きょとん、とする皆の顔。一人が代表で言った。
「今、になるんじゃないですかね。所長」
しっかりしてくださいよ、どうしたんですか? ーーそんな声が遠くなる、ゆっくりと振り返る、と。
飾られていた鷹岡の写真は、もうなかった。

*→←【所長】安藤陽向



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (13 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
12人がお気に入り
設定キーワード:募集企画 , SF , 存罪 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

雪華(プロフ) - 紫清さん» 【https://uranai.nosv.org/u.php/novel/BclauteMix1/】こちらの中にテンプレあります (9月19日 22時) (レス) id: ba59e9921b (このIDを非表示/違反報告)
紫清(プロフ) - 雪華さん» ご参加ありがとうございます。キャラシを10月3日までに提出お願いします。 (9月19日 21時) (レス) id: 840643cfcd (このIDを非表示/違反報告)
雪華(プロフ) - 【女/事務員】で参加希望です (9月19日 21時) (レス) id: ba59e9921b (このIDを非表示/違反報告)
あやや(プロフ) - 【https://uranai.nosv.org/u.php/novel/byono7971/】CS完成しました……!不備があればご指摘お願いします……! (9月19日 16時) (レス) id: 65e402e1aa (このIDを非表示/違反報告)
華艶_かえん。(プロフ) - 紫清さん» ありがとうございました,! (9月19日 8時) (レス) id: 1e8ddc63d3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:紫清 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2020年9月12日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。