占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:3,645 hit

飼い犬は、すぐ拗ねる ページ3

A「ただいま〜。良亮、おとなしく留守番してたー?」





橋「A!おかえりっ」ギュッ







五関さんと河合さんのお花屋さんで花を購入して家に帰ると良亮のお出迎え、しかもハグされた。本日は、人間の姿だけど耳としっぽは犬のやつがはえてる。






橋「ちゃんとおとなしくお留守番してた!ってか、五関くんの店行くなら俺も着いていったのに!」






A「ごめんごめん(笑)ほら、お土産に良亮の好きなイチゴ味のゼリー買ってきたから許して?」






橋「許す!ゼリー食べる!」








おやつタイムは犬の姿でゼリーを食べて、ゼリーが食べ終わるとまた人の姿に。







A「犬の姿のままでいいのに…無理しないでいいんだよ?」






橋「だって…犬の姿だと、Aと話しができないし、抱きつくこともできないもん」ギュッ







橋「俺、Aのこと大好き」






A「うん、いつも聞いてる」






橋「本気で好き」






A「うん、ありがとう」






橋「人間としてだよ?」






A「飼い主としてでしょ?」






橋「違うよ、いつも言ってるじゃん!俺は、Aを一人の女の子として好きなの!」






A「だから、ありがとうって言ってるじゃん?そんな怒らなくても私も良亮のこと好きだよ。」






橋「ほんと!?」






A「ペットとしてだけどね?」






橋「…ワンワンワンワンワンワンッ!!」






A「こら!いきなり吠えないの!」






橋「だって…なんでいつも俺はAのことが好きって言ってるのに、Aは俺をペットとしてしか見てくれないの…?」






A「だって、ペットだから」







橋「そうだけど!人間の男として見てほしいの!」





A「そんなこと言われても…」






橋「それとも、他に好きな男がいるの!?誰なのそいつ」ワンワンッ







良亮は、いつも私に人間として見てほしいと告白してくる。けれど私にとって良亮は可愛い愛犬としてしか見れない。







橋「隣の家の、ショコラ?それとも散歩コースでよく会うラッキー?もしかして向かいの家のクロ?」





A「良亮…それ全部、近所のオス犬の名前でしょ(笑)私、さすがに犬を恋愛対象にはできないから(笑)」






橋「…なんか俺、遠回しにフラれた?犬であり人でもある俺もそれ含まれる?もうやだ俺つらい…」シュンッ








橋「もう今日のゴハンいらない…」







飼い犬が拗ねました。

編集の戸塚さん→←お花屋のワンコ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
41人がお気に入り
設定キーワード:A.B.C-Z , 橋本良亮 , 戸塚祥太
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:萌☆ | 作成日時:2018年11月17日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。