占いツクール
検索窓
今日:27 hit、昨日:88 hit、合計:55,394 hit

46 ページ47

TAKAHIDE side









昂秀 「すき…?」









『もうっ、絶対言いたくなかったのに…っ、もういいでしょ、早く戻ってあげな、』



すぐには理解できなくて、すきってなんだ?そんなことまで考え始めた。









『っねえ、恥ずかしいからもう行って…』






目の前の目も顔も真っ赤にしているAさんを見てやっと理解した。









ああ、俺と同じ気持ちなんだって。









昂秀 「行きません」









『っ、なんで、そんなに馬鹿にしたい?散々冷たいこと言っといて好きとかふざけんなって?』




ポロポロ出てくるAさんの涙と言葉。



でも、今じゃそれもなんだか嬉しい。









昂秀 「Aさん、ちゃんと聞いてくれますか…?」









『…やだ、』









昂秀 「ふっ、つくづく頑固っすね、」





うっさい、と叩く彼女。









『もうばか、はやくいk』









昂秀 「好きです」









『え…?』





彼女の目から零れた大きな一滴の涙。


それを頬に手を添えて親指で拭った。





訳わかんないって顔をしているAさん。




今は、そんな顔さえも愛おしく思う。









昂秀 「好きなんです、Aさん」









『っちょ、とまって、一旦、せい、りしたいので、離れてもらっていいですか…』









昂秀 「やです」




まって、ほんと…?って覗き込んでくる。
それが可愛いのをこの人は分かってない。









昂秀 「ふは、はい、山宮Aさんが好きなんです」









『っん、ばかあ〜!!!』




ボロボロ泣いて抱きついてくる。
ああ、この感覚、すげえ好き…。









『っ好きって気づいてどうしよって、思ったの…意味わかんないくらいっ、苦しくてって…』









ああ、この人も同じだったんだなって、



同じように苦しんで、同じように悩んで、同じように恋してた。

47→←45



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (103 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
324人がお気に入り
設定キーワード:LDH , THERAMPAGE , 鈴木昂秀   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

蒼 空(プロフ) - hasamiさん» ブルースター本編では昂秀くんかなり生意気かましてるので、そろそろ仲良い2人も登場させようかなと私も考えていたところです!(笑)ぜひ楽しみにしていただけると幸いです(^^) (5月11日 13時) (レス) id: ba9b0ca88f (このIDを非表示/違反報告)
hasami(プロフ) - はじめまして。このお話大好きです。素直になれない昂秀くんが愛おしい笑 こちら呼んでからブルースター読ませてもらってます。昂秀パートお願いします!(今のままでも十分キュンキュンしますが^^) (5月11日 0時) (レス) id: 88809e26ca (このIDを非表示/違反報告)
蒼 空(プロフ) - だんごさん» ええええ!そんなお言葉頂けるなんて光栄です( ; ; )慎くんのお話も着々と準備が進んでいますので、公開した際はチェックして頂けると嬉しいです(^^) (4月6日 20時) (レス) id: c63c0be356 (このIDを非表示/違反報告)
だんご(プロフ) - もう書籍化して欲しいレベルで好きです。。まこっちゃんの作品も楽しみにしてます!!頑張ってください!! (4月5日 10時) (レス) id: 83eb46068a (このIDを非表示/違反報告)
蒼 空(プロフ) - まりのさん» ありがとうございます!そう言って頂けると嬉しいです(^^) (3月21日 22時) (レス) id: c63c0be356 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:蒼 空 | 作成日時:2020年3月14日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。