占いツクール
検索窓
今日:27 hit、昨日:88 hit、合計:55,394 hit

37 ページ38

YOU side









あ、あそこまでする…?


手なんか繋いじゃってさ、ほんっと意味わかんない…。






でも、いちばん意味わかんないのは、私か…、



なんでこんなに苦しいの、なんでこんなに悲しいの…


トイレの中で歯を食いしばりながら泣いた。





『…なん、でっ…』









ああ、そっか、これか…


海青が言ってた答え。









私、昂秀が好きなんだ…。




あんな優しい表情の昂秀も、デレてる昂秀も、愛おしそうな目も、今日まで見た事なかった。



全部あの女性に向けられたもの。









『はーあ、情けないなあっ…』



メイクが崩れないように涙を拭ってスタジオに足を進めた。









翔平 「お、ランペの姫!!可愛いねっ!」









『なに、TikTokなら後で撮ってあげるから!』









翔平 「よく言いたいこと分かったな…」









『双子ちゃんだもん』



ふふっと笑ったら、隣の樹が怪訝そうな顔をして、私に近づいてきた。







『え、なに、どうしたのって、樹!?』



樹に手首を掴まれて廊下まで連れ出された。


見たことないくらい真剣な表情で覗き込んでくる彼の顔から逸らすことは出来なかった。









樹 「何があった?」









『何って…別に何も…』









樹 「泣いたんだろ?見てればわかるどんだけ一緒にいるんだよ」




いつもそうだ…。

私の周りはいつも私を救ってくれる。









『なんで、気づいちゃうのかなあ〜(笑)』









樹 「無理に笑わなくていいよ」


手首を掴んで私を胸に閉じ込めた樹。


頭に置かれた手、回された腕、全てに安心して、1粒、涙が零れた。









『っ、いつきぃ…』









樹 「うん、ゆっくりでいいよ」







抱きしめてくれる樹に頼って、準備時間中ずっと涙が止まらなかった。

38→←36



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (103 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
324人がお気に入り
設定キーワード:LDH , THERAMPAGE , 鈴木昂秀   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

蒼 空(プロフ) - hasamiさん» ブルースター本編では昂秀くんかなり生意気かましてるので、そろそろ仲良い2人も登場させようかなと私も考えていたところです!(笑)ぜひ楽しみにしていただけると幸いです(^^) (5月11日 13時) (レス) id: ba9b0ca88f (このIDを非表示/違反報告)
hasami(プロフ) - はじめまして。このお話大好きです。素直になれない昂秀くんが愛おしい笑 こちら呼んでからブルースター読ませてもらってます。昂秀パートお願いします!(今のままでも十分キュンキュンしますが^^) (5月11日 0時) (レス) id: 88809e26ca (このIDを非表示/違反報告)
蒼 空(プロフ) - だんごさん» ええええ!そんなお言葉頂けるなんて光栄です( ; ; )慎くんのお話も着々と準備が進んでいますので、公開した際はチェックして頂けると嬉しいです(^^) (4月6日 20時) (レス) id: c63c0be356 (このIDを非表示/違反報告)
だんご(プロフ) - もう書籍化して欲しいレベルで好きです。。まこっちゃんの作品も楽しみにしてます!!頑張ってください!! (4月5日 10時) (レス) id: 83eb46068a (このIDを非表示/違反報告)
蒼 空(プロフ) - まりのさん» ありがとうございます!そう言って頂けると嬉しいです(^^) (3月21日 22時) (レス) id: c63c0be356 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:蒼 空 | 作成日時:2020年3月14日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。